フォト
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

2009年2月20日 (金)

沸騰都市

2/152/16、の2日間、NHKスペシャルで「沸騰都市」シンガポールと東京が取り上げられ放送された。

シンガポールの副題は「世界の頭脳を呼び寄せろ」であり、東京の副題は「TOKYO MONSTER」であった。両都市に共通して言えることは、100年に一度と言われる不況下であるにも拘わらず、インフラ整備、将来への投資活動が中断することもなく継続して行われ、将来への布石が着々と打たれていることである。

シンガポールでは、バイオポリス計画、フュージョンポリス計画、巨大カジノリゾートと言ったプロジェクトが国家主導の長期投資として遂行され、将来の国家繁栄の礎として育てられている。これらのプロジェクトを成功裏に進めるには、優秀な人材が不可欠であり、世界から才能のある人々を呼び寄せ、研究開発に制限を設けず支援を行っている。一方、徹底した能力主義のもと、世界に冠たる人材大国を打ち立てようとしている。シンガポールの一人当たりのGDPは、2年前の2007年に日本を追い抜き現在アジアNO.1となっている。まさに、アジアの沸騰都市の一つである。

一方、東京は一極集中のメリットを生かし、人・物・金が集まり不景気のさなかであるにも拘わらず、100を超える開発プロジェクトが進行中である。特に、丸の内地区は1.2㎢の中に76社を超える巨大企業の本社が集結し、超効率的な経済活動が行われている。更に、交通渋滞を緩和するため、地下鉄網のすきまをぬう形で地下に高速道路道路網の建設が続けられている。また、高層ビルの建設ラッシュで高層ビルが点から線へ更に面へと広がり、超効率都市を目指して膨張をし続けている。まさにTOKYO MONSTERと言うにふさわしい沸騰都市の一つである。

翻って、我が大阪を見た場合どうであろうか、現在の橋下知事が就任する迄は、横山ノック知事、太田房江知事、と大阪の発展をリードすると言うよりも財政赤字でキュウキュウとする府政運営で大阪の地盤沈下が進み、東京との差が開く一方であった。2008年より橋本知事が登場し、財政非常事態宣言を行い財政再建に取り組み始め、やっと財政赤字に終止符が打たれようとしている。しかし、世はまさに100年に一度の不況下、財政を削っても税収が減るため厳しい状況が続いている。

こうした、財政再建途上にある中で、橋本知事は大阪市と提携し現在大阪市の荷物となっているWTCビルの再活用を図り、大阪府庁舎をWTCビルに移転させ、大阪のWaterFront 地区の活性化を提案している。大阪府庁舎は、耐震基準を満たしていないので、改築工事あるいは建て替えを行わなければならない。こうした費用の節減をも視野に入れ提案しているものである。

費用をあまりかけずに大阪の活性化を図る一つの案であり、私は賛成である。府庁舎がここに移転すれば、大阪オリンピック計画が頓挫したことにより、今現在閉塞感いっぱいで停滞しているWaterFront開発に弾みがつきもっと活性化される二次効果が期待される。

現在、大阪で開発が積極的に行われているのは、大阪駅周辺(大阪駅北ヤード)、難波駅周辺、近鉄阿倍野駅周辺、と言う大阪の中心市街地である。これに湾岸地域が加われば相乗効果が期待される。当然、交通アクセスをも考慮した開発計画でなければならないが。

そして、更なる課題は関空の活性化である。これについても、橋下知事は積極的に動き活性化を図ろうとしているが、まわりの者があまり関心を示さず停滞している。もともと、関空を作る動機となったのは、伊丹空港の騒音問題を根本解決する為であったが、いざ関空が出来、伊丹から航路を移そうとすると、周辺自治体は税収が減る、便利さが失われる、等々の理由を上げ反対している。当初の目的から見ると本末転倒である。

関空の問題点はアクセスが非常に悪いことである。大阪都心部(梅田or新大阪から)30分で行けるように早急に手を打つべきである。これの一つの案として、大阪湾岸にリニア新幹線を走らせ、将来の府庁舎となるWTC迄は15分、更に新大阪まで15分で行けるような案はどうだろうか?費用をどこから捻出するかが問題であるが?

いずれにしても、メイン空港、港、道路、ビジネス地区、繁華街、等々を含めた開発全体計画を策定し大阪の活性化を進め、20年後位に沸騰都市として取りあげられるようになってほしいものである。財政再建と共に進めなければならないため前途多難であるが、大阪に住む者として将来の夢物語ではなく、若くて行動力のある橋下知事に期待したいものである

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »