フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011年11月29日 (火)

大阪「秋の陣」 終了

大阪「秋の陣」 知事、市長、ダブル選挙が終わった。当初予想し、期待していた通り「大阪維新の会」の圧勝により二つのポストを獲得することとなった。大阪市長選では、24区全てで維新の会の勝利、知事選では42市町村中、候補者の地元である池田市と能勢町のみで負け40市町村で勝利、というまさに完勝であった。

これでやっと改革のスタートが切れるポジション取りが出来たこと歓迎するものである。バブル崩壊後、大阪生まれ大阪育ちの企業が本社を東京に移す、企業の海外進出、等々で大阪の地盤沈下は激しく、年々平均給与は下がり続け、特に若者の間では閉塞感が漂っていた。もし、維新の会が勝てずこのままの状態が続くようであれば、大阪の未来は展望出来ず、衰退の一途をたどって行くのではないかと危惧していた。

今回の選挙のキャスティングボードを握ったのは若者である。若者の無党派層、特に20代、30代、40代、と若い層ほど維新の会に投票し、大幅に投票率(60.92%)をアップさせたことである。また、既存政党である自民党、民主党、を支持する人々の中でも半数が維新の会に投票したことである。

選挙結果から言えることは、如何に多くの大阪府民が、閉塞感を打破し、大阪を再生し、昔のように東京とならび立つ活気のある町、を取り戻して欲しいと願っていたかと言えるのではないか。

改革の本番はこれからである。大阪都にたどり着く迄には、いくつかの大きな壁があり、これを如何にして乗り越えて行くか? これから維新の会の真価が問われる、頑張って欲しい。そして、大阪を再生させ、西の成長エンジンとなり、現在「停滞沈滞している国政の改革」へと結びつけ、日本国再生へと導いてもらいた。

2011年11月22日 (火)

高校卒業50周年に思う

2011年11月19日(土)・20日(日)の両日、島根県立橫田高等学校 第42期卒業生 は卒業50周年記念同窓会を行った。今回は、地元橫田高校での記念式典、会場を松江に移しての懇親会、翌日の市内観光、等々盛りだくさんの充実した内容であった。人生の最終章を飾る、強く記憶に残る一大イベントの一つとなりました。

我々は、第二次世界大戦の最中1943年(昭和18年)生まれの満68歳であり、来年古希(数え年)を迎える老年期に入っています。我々同期生は195名ですが、既に26名(13%)が他界し存命者は169名であります。しかし、比較的まだまだ元気な人が多いこの時期に行われたこともあり、60名が参加し盛大に会を催すことが出来たこと感謝しています。これから先、七十路に入る我々にとって、これだけ盛大な会を催すだけのエネルギーが残されているのだろうか? と思いを巡らせると今回の同窓会は 人生の貴重な宝物 となる催しであったと思っています。従い、記録を映像にまとめて残し、DVDとして全員に配布する予定です。近づく永遠の旅立ちに持参するのもよし、孫子に記念として残してやるのもよし、と思っています。

同窓会に先立ち50周年記念行事として、昨年から準備した「桜の記念植樹」を4月に行いました。橫田高校の校長、事務長、のご配慮により高校の敷地内の絶好の場所に植樹出来たこと喜ばしく思っています。記念植樹を行うに当たり、寄付を同期生全員に募ったところ、121名という多くの方の賛同を得て、当初予定していた金額をはるかに超す寄付金が集まりました。このことは、いろいろな都合で同窓会には出席出来なくても同期生皆が、青春時代を過ごした稲田ヶ丘の母校に対する愛着心は50年経った今でも変わっていないのだな! という思いを抱きました。

我々に残された人生はあとそう長くはありませんが、記念植樹の「しだれ桜」が順調に育ち、毎年4月に立派な花を咲かす姿を見守って行きたいものであると思っています。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »