フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の記事

2013年3月20日 (水)

WBCが終わっての感想

全世界の野球をする国が参加出来る唯一の国際大会2013年度のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が終了した。

勝敗は時の運でもあり、日本が準決勝で敗れたことをあまり細かく追求したくない、と言うのが率直な感想である。3連覇は達成して欲しかったが、準決勝まで駒を進めることが出来た選手の健闘を讃えたい。

野球の発祥の国である米国でさえ、今年は本腰を入れ監督に元ヤンキースのトーリ監督を据え闘ったのであるが、準決勝へ駒を進めることが出来なかったのである。

第一次ラウンド、第二次ラウンドとも白熱した試合が展開され、大いに楽しませてもらった。特に台湾戦は4時間半に及ぶ大接戦でハラハラ・ドキドキの連続であり、年寄りには心臓に負担をかけ過ぎて体に悪いと思いながら結局最後まで見てしまった。試合が終わってからも、興奮が冷めやらず数時間寝付けなかったのである。

他の野球の試合でここまで真剣に勝負にこだわって見るという機会はそんなに多くないが、WBCの場合それぞれのチームがナショナル・フラッグという国の威信を背に負い戦いを進めるのと、一戦必勝の戦いで負けたら後がないと言う、二つの点で技術を超した精神力を問われる戦いでもあり、選手の必死差が伝わってくるため見る人にも感動を与えるのではないかと思う。

以前に、このブログで「国際大会なくして日本の野球に未来なし」と言うコメントを書いたが、まさにその通りで国際大会があってこそ野球選手に希望を与え、切磋琢磨するチャンスともなり、野球技術の向上に繋がるものと確信した次第である。

今回のWBCで一番活躍した日本チームの選手は、37才のベテラン井端弘和である。彼の活躍があってこそ準決勝まで進むことが出来たと言っても過言ではない。まさに「職人芸、いぶし銀」の活躍であった。準決勝で1点をたたき出したのも井端である。日本の他の選手も井端のようなバッティングが出来たのであれば結果は違っていたのではないか?と思った次第である。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »