フォト
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月の記事

2013年5月29日 (水)

初めて出席した大学同窓会の感想

2013518日(土)、島根県松江市 “サンラポーむらくも” にて島根大学物理系同窓会「伊藤一義先生を囲む会」が開催され出席した。

中学校、高校、の同窓会は節目毎に行われほとんど出席して来たが、何故かしら大学の同窓会については、卒業以来47年古希という年齢になるにもかかわらず出席したことがなかった。

縁がなかったといえばそれまでかもしれないが、何故か今回初めて案内状が送付されて来た。しかも恩師である「伊藤一義先生を囲む会」と銘打ってあり、これまでのご無沙汰をおわびする意味でも是非出席しなければとの想いで出席のはがきを返した。

会場に行き、事務局の槇原さんと話をしたら、伊藤先生、槇原さんと年賀状を交換していたことがきっかけで案内状を戴いたようである。

私は、1997年~2006年の10年間シンガポールに在住していたので、この間は年賀状のやりとりが途切れることもあったが、2007年帰国と共に挨拶状を出し、年賀状交換も復活した。

話変わるが、今年2月郷里の先輩で産婦人科医をされていた先生の米寿の祝いが行われた。その先生がいつも口癖のように言われていたことは、「それぞれの人の一生、与えられたご縁をくれぐれも大切にするように」であった。

今回まさに与えられた縁を大切にしていたことから、同窓会に出席出来るチャンス、即ち絆が復活したのではないかと関係者に感謝している次第である。

伊藤先生をはじめ今回お会いした先輩諸氏とはまさに47年ぶりの出会いであった。伊藤先生とは長くしゃべることは出来なかったが、お元気な姿を拝見でき初期の目的を果たした想いである。

ただ一つ残念であったのは、私と同期の出席者がいなかったことである。今後、是非同期の仲間にもPRし、次回チャンスがあれば出席を促したいと思っている。残された人生そんなに長くないので、出会いの場をよりいっそう大切にしたいと思うこの頃である。

今回の同窓会の様子をまとめたビデオをYou Tubeにアップロードしています。興味のある方は視聴頂ければ幸甚です。下記文字をクリックすると接続します。

島根大学物理系同窓会「伊藤一義先生を囲む会」

2013年5月 4日 (土)

北方領土返還交渉チャンス到来を願う!

安倍政権発足と共に打ち出されたアベノミクス政策により、日本経済活性化の動きが徐々に進んで来ている。これに伴い安倍内閣の支持率も65%を越す高い支持率を維持している。

まもなく参議院選挙を迎えるが、現在の状況が続くのであれば自民党の圧勝になるのではないかと思っている。自民党が圧勝すれば、安倍長期政権になり、長年の懸案事項が一つずつ処理に向かうのではないかと期待される。

その懸案事項の一つが北方領土問題であり、これを解決するためには本腰を入れて交渉出来る長期政権でなければならない。北方領土返還交渉は一筋縄では行かない難しい問題であり、政権が1年で交代するような短期政権では解決不可能である。少なくとも5年間位続く本格的な政権でないと難しいと思っている。

このことは、相手側であるロシアの政権についても言える。長期政権でありロシア政権内部の意見をまとめリーダシップを発揮出来る強力な大統領でないと進まないと思っている。

プーチン政権は、20185月迄続く本格的な政権であり、現時点で言えることはロシアでは最強の政権である。それでも愛国主義を唱える保守層を押さえて最終的な決着に持って行くには、政権の実績を上げ、保守層の反発を如何に抑えるかがキーとなると見ている。

メドベージェフ首相、ロゴジン副首相、等々の指導者では、戦後68年経ちインフラ整備が進み、ロシアの実行支配が続く北方領土を新しく見直し返還に結びつけることは不可能である。1956年の日ソ共同宣言に基づく歯舞、色丹の2島返還以上は無理であると思っている。

プーチン政権は過去、中国との国境問題、ノルウエーとの国境問題、をいずれも領土を折半する方式で解決させて来ている。今回の安倍首相訪露に当たってもその種の発言をにおわせたとの報道があったが、真偽の程は定かではない。

日本側の見解は、戦後のどさくさ紛れに不法占拠された北方4島であり、要求はあくまでも4島一括返還であるが、68年間占拠が続いている実情からすると、一方的に日本側の主張のみを述べていても解決は難しい。

現在の状況を鑑み交渉事として捉え、ある程度妥協をしてでも解決に結びつけることが重要であると思っている。私が考える最低の妥協線は、プーチン大統領がほのめかしていると言われる引き分け論、即ち面積で二等分する案でまとまれば良しとしなければと思っている。この案であれば、歯舞、色丹、国後、3島と択捉の約1/4が返還されることになる

いろいろな意見があると思うが、双方の政権基盤が強固である内に解決しなければ、いつまで経っても解決出来ない問題である。安倍政権、プーチン政権が継続する間に解決して早く平和条約を締結する事が日本の国益であると確信している。

そうでなければ、私が生きている間には解決しないだろう。年月が経てば経つほどより難しい問題となり、100年も経てば現状が既成事実となり解決出来なくなるのではと懸念している。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »