フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の記事

2014年3月15日 (土)

いつの世にも、時は静かに流れて行く

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

昨日314日夜、時の流れを静かに実感する出来事があった。

一つの出来事は、人々の夢と希望を乗せ昭和から平成へと時を運んで来た、上野と青森を結ぶ寝台特急ブルートレイン 「あけぼの」 がラストランを迎え、44年の歴史を終えたことである。車体の老朽化、乗客の減少、等々時代の波には逆らえず引退の潮時を迎えたのである。

「あけぼの」 は1970年(昭和45年)にスタート、高度経済成長期に、東北から上京した若者が、後に出世して誇らしげに 「あけぼの」 に乗って帰省したため、「出世列車」とも呼ばれていたという。

私には、直接関係のない列車であるにも関わらず、何故かしら郷愁をさそう出来事であり、自分が大学を終えて社会へ出発した時の事が思い出され共感を覚えたのである。

私が大学を卒業して就職したのは、「あけぼの」 のスタートより4年早い1966年(昭和41年)3月であった。卒業式を終えるやいなや、3月19日(土)の夜行列車で松江を発ったのである。この年は、3月20日が日曜日、3月21日が春分の日で休日、そして連休明けの3月22日が会社の入社式であった。

卒業実験のまとめを終えレポートを提出したのは卒業式の直前であった。そして迎えた卒業式3月18日(金)、非常に慌ただしい中、出席したのを記憶している。そして、卒業式の余韻を味わうまもなく、翌日の夜行列車に飛び乗って故郷を後にしたのである。

小雨がパラツク中、同郷(出雲横田)の友人が一人だけ見送りに来てくれた記憶が残っている。夜行列車で一人寂しく故郷を発ったのである。しかし、これから本当の自分の人生が始まるのだと、心の中は夢と希望に燃えていた。あれ以来ほぼ半世紀の時が流れ、今振り返ると松江を発ったあの時が、今ある私の原点であったと思っている。

もう一つの出来事は、俳優 「宇津井健」 の訃報である。最近まで、テレビドラマ 「渡る世間は鬼ばかり」 に出演して元気な姿を見せてくれていたので、あれだけ元気だったのにやはり歳が行けば、突然こういうことが起こるのもやむを得ないことだと納得させられる思いであった。

満82歳といえば、早くもなく遅くもないちょうど良い人生であったのではないかと静かに思っている。「宇津井健」は、たくさんの映画、テレビドラマ、に出演し人気のある俳優であった。私の記憶に強く残っている印象は、やはり最近まで出演していたドラマ 「渡る世間は鬼ばかり」 での岡倉大吉という父親役での主演である。

このドラマは、橋田壽賀子の原作で1990年TBSの開局40周年記念として放送されたが好評でその後、断続的に継続され2013年までの約23年間も続いたのである。

前半の1990年から1996年までは日本で見ていた。その後、海外へ転勤で10年間のブランクがあったが、2007年に帰国するとまだこのドラマが続いていて見始めたのである。人生の機微と風刺を織り交ぜたドラマであり、ある部分共感する思いで毎回欠かさず見ていたのである。

スタート時のドラマの主役を務めていたのは、藤岡琢也であったが長い間続くドラマの中、藤岡琢也もいつの間にか亡くなり、後を受け継いで主役を演じたのが宇津井健であった。

宇津井健も私より12歳年上であり、年の割には若々しく親父の役割を演じていたので、宇津井健が元気である限りこのドラマはまだまだ続くのではないのかと思っていたが、主役があっけなく亡くなり、もうこのドラマ続くことはないだろうと思うと寂しい限りである。

これも時の流れであり、「流れに棹さす」ことは出来ない。時の流れを静かに受け入れ、淡々と生きて行くしか出来ないと思っているこの頃である。

2014年3月10日 (月)

パナソニック・ワイルドナイツ、ラグビー日本選手権を制し2冠達成の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日39日、国立競技場でラグビー日本選手権決勝戦がパナソニック・ワイルドナイツVS東芝ブレイブルーパスの間で行われた。試合は接戦であったが、トップリーグ王者のパナソニックが東芝を 30対21 で下し、4年ぶりの優勝を果たすとともに初めてトップリーグとの2冠を達成した。

パナソニックは日本選手権では、サントリーとともにシードされ準決勝から出場した。準決勝の相手は、トップリーグ3位の神戸製鋼であった。

神戸製鋼と言えば、かって全国社会人ラグビー大会で黄金時代を築き、1988年~1994年にかけて7連覇を達成したチームである。7連覇中三洋電機は3回決勝で神戸製鋼に挑戦したが、善戦すれどもその牙城を崩すことが出来なかったのである。

当時、今年こそは王者神戸製鋼を倒して、悲願の日本一になって欲しいと願っていたが、その都度行く手を阻まれ非常に悔しい思いをしてきた記憶が鮮明に残っている。1990年 18対16、1991年 24対15、1993年 18対3、とことごとく神戸製鋼に叩きのめされたのである。

しかし、今年は立場が逆転しトップリーグの王者として神戸製鋼を迎え撃つこととなったのである。トップリーグ上位の4チームは力の差がそんなになく、油断が出来る相手ではないのである。フォワードの平均体重を比較すると、神戸製鋼 109.8kg、パナソニック 107.1kg と神戸製鋼が勝っているのである。

試合が始まると前半は、お互いにトライは1個づつであったが、PGの差でパナソニックが13対5でリードして終わった。後半に入ると、パナソニックが4分にトライをあげると、堰を切ったようにパナソニックの猛攻撃が始まり、後半だけで5トライを奪う一方、神戸製鋼を完封したのである。結局終わって見ると、46対5 というワンサイドのゲームであった。

20数年前悔しい思いをさせられた神戸製鋼に対して、ここまでワンサイドのゲームで勝てるとは、誰が想像することができたのであろうか!まさに積年の鬱憤を晴らすが如きの想いを感じたのである。栄枯盛衰世の習い、奢れるもの久しからず、のことわざを地で行く結果となったのである。

決勝戦の相手はトップリーグ4位であるが、準決勝戦でトップリーグ2位の強豪サントリーを 25対24 という僅差であるが破って士気が上がっている相手である。東芝もサントリー、神戸製鋼、と同様ここ20数年来ラグビー界の覇権を争ってきた強豪であり古豪である。

戦前の予想では、東芝の強力フォワードをパナソニックがいかに押さえるかに焦点が当たっていた。試合が始まると、やはり東芝のFWは強く前半は一進一退を繰り返し、得点をしては追いつかれるパターンで、前半は東芝が 14対10 とリードして終わった。前半を見る限り、今シーズンのパナソニックのうまいゲーム運びが東芝に封印され、なかなか自分のペースに持ち込めない展開であり、いらいらが募り後半どうなるのか予測の難しい状況で終わった。

しかし、後半に入るとトップリーグMVPSO(スタンドオフ・・・司令塔)ベリック・バーンズが本領を発揮し、2トライのお膳立てをする活躍で、粘る東芝を突き放し勝利へと導いたのである。

パナソニックの強さは、ラグビー大国・豪州から今期途中加入したベリック・バーンズの活躍である。早いロングパス、絶妙のキック、ラン、とすべてのスキルに長けた選手で司令塔として活躍、常に敵陣で攻撃をするようにゲームを組み立てるうまさにあると感じた。やはり、日本選手権でのMVPはベリック・バーンズで仕方が無いだろうと思っている。

以下に、日本選手権試合のトーナメント結果を添付します。

 

2014年3月 5日 (水)

「洋友会」発足25周年、巡りめぐる様々な想い

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

私が所属する洋友会(三洋電機OB会)は、平成元年7月5日に発足し今年で25周年を迎える。平成の世と共に歩んできたのであり、本来であれば素直な気持ちで「おめでとう」と喜びを分かち合いたいのであるが、なぜかしら複雑な心境である。

というのは、洋友会の母体となる三洋電機は、2011年3月29日上場廃止、4月1日パナソニックに吸収合併され実質消滅してしまったのである。従い、これから洋友会へ加入する人は徐々に減る一方、自然脱退者(逝去による)は増えて行くからである。既に今現在、会員数はピークを過ぎ下降期に入っている。もう後、25年も経てば自然消滅するだろうと思えるからである。

私が洋友会に入会したのは2003年末(15周年の時)であり、実際の活動に参加したのは2007年(19周年の時)からである。活動に参加してから、まだほんの7年しか経っていないのに先々のことを思い浮かべると寂しく切ない気持ちになるのである。しかし、まだ悲観することはない、平成の世が終わるより早く終わることはないだろう!更に、私が生きている間に終わることはないだろう!と努めて楽観視するようにしている。

また、この世に存在するすべてのものは、永遠に続くことはないのである。生まれては消え、生まれては消え、の繰り返しであり、万物は流転するのである。ただ生きている間が少し長いか短いかの違いである。

太陽系の主である太陽ですら、既にその寿命の半分46億年が経過、後46億年も経てば超新星爆発を起こし消滅するのである。そして、その残骸・チリを集めてまた新しい星が生まれるのである。宇宙の時間の流れと、我々人類が感じる時間の流れには大きな差があり、宇宙の時間の流れは人類にとっては、まさに永久(とわ)の流れのように思えるが確実に進んでいるのである。

戦後日本は、いち早くめざましい復活を遂げた。1960年代~1980年代にかけて、日本の弱電メーカーはきら星のごとく煌めいていた。ソニー、シャープ、三洋(既にダウン)、パイオニア、ケンウッド、JVC、ゼネラル、任天堂、等々あげればきりがない。これらの企業もグローバル化の波に飲み込まれ、今や青息吐息の状態である。これらの企業に、依然と同じように復活して日本を救ってほしいと願ってもそれは無理である。栄枯盛衰は世の習いであり、自明の理である。

これから期待するのは、新しいイノベーションである。中心になるのは、バイオサイエンスの分野ではないかと思っている。既に研究がかなり進んでいると思うが、光合成を人工的に大量に行うことが出来るようになれば、食料問題、温暖化防止、等々人類に大きく役立つと共に、我々のふるさと宇宙船地球号を救うことが出来るのである。以下の図は参考である。

光合成・・・光のエネルギーを受けて二酸化炭素と水からデンプンなどの有機物と酸素を合成すること(植物の細胞の葉緑体の中行われるで)、 無機物から有機物を作る画期的なことである。

                

話が少し本筋からそれたが洋友会については、発足20周年を迎えた時に記念誌<「洋友会20年のあゆみ」>、発足25年を迎える今年記念誌<「SANYO mini ヒストリー」>が発行されている。これらの記念誌を通して三洋電機、洋友会のことが少しでも長く関係者・家族・次の世代へと、記憶として残って行けばよいと願っている。

これらの願いを実現する方法として、記念誌をネットにアップロードしておけば、アップロードした本人が亡くなっても契約により、数十年間は残すことが出来るのである。ネットにアップロードすることを提案したが、「これら記念誌は洋友会と言う組織として出しているものであり個人として扱ってほしくない」とのことであり、断念せざるを得ない。

しかし、いずれ時節が巡りめぐれば、黙っていてもその時が来るであろうと思っている。既に、パソコンに取り込み準備は出来ている。その時が来るまで待ちましょう!

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »