フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014年10月18日 (土)

同じ郷里出身の先輩、早すぎるご逝去を悼む

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

私と同じ郷里出身の先輩で、尼崎市の市会議員、市会議長、等々を25年間勤められていた米田守之氏が亡くなられ、本日1018日阪神平安祭典会館で告別式が行われた。市会議員は辞められていたが、現在もまだ現役で活躍されている身で有り、私もいろいろな会合で声をかけてもらい私的な役割を頂いていた先輩であり、73歳という若さで亡くなられたのが残念でならないのである。

米田さんは私と同じ郷里、島根県出雲横田の出身で実家が非常に近く50m位しか離れていなく、3歳年上であったが子供の頃からいろいろと交流をさせてもらっていたのである。実家は、鍛冶屋を営んでおられ小学校の通学途中にあったので、下校の途中米田家の前で立ち止まり道草をして、鍛冶屋の現場をよく眺めていたのを思い出すのである。

米田さんは、尼崎市の市会議員という仕事をされている傍ら、故郷である出雲横田(2005年町村合併で奥出雲町になる)と尼崎市をメインとする都市とのふるさと交流事業等々にご尽力され、1989年(平成元年)に 「関西よこた会」 設立に当たりメインコーディネータとして活躍されたのである。

「関西よこた会」 では、米田さんに声をかけてもらい役員をしていたが、途中1997年に海外への転勤が決まり、2006年までの10年間日本を離れブランクを作ってしまったのである。しかし、2007年に海外から帰国すると、「よく帰って来てくれた、また再び役員の続きをやってくれや」 と声をかけられ、2007年の役員会から出席し出したのである。

ちょうどその頃、「関西よこた会」 は20周年を迎えると共に町村合併により最後の会となる時期であった。最後の 「関西よこた会」 を開催するに当たり、「何か記念になる催しを行いたいが、何か良いアイディアはないのか?」 という事が役員会で議論され、過去20年間の写真を集め、「関西よこた会、20年のあゆみ」 というDVDを作って上映しようということになり、DVD作りに汗を流したのが、ついこの間のようによみがえってくるのである。

「関西よこた会」 は20081130日、最後となる20周年記念総会を持って終了したのである。最後の記念総会もビデオを撮りDVD化し、「20年のあゆみ」 と最後の 「ふるさと交流2008」 を併せて一つのDVDにまとめ最後の記念版が完成したのである。このDVDが残っている限り、当時の米田さんの活躍の姿が映像で見られるというのが、今となっては救いである。

「関西よこた会」 が終了した後、次の 「関西奥出雲会」 設立に当たっても、やはりメインコディネータとして活躍され 「関西奥出雲会」 設立と同時に事務局長に就任、現在も継続してその任に当たられている途中でのご逝去であり、返す返すも残念という言葉しか出て来ないのである。

昨年20132月には、同じく出雲横田を故郷とする東大阪在住で産婦人科を経営されていた坪倉修吉先生の米寿を祝う会が催され、この時も代表世話人として活躍されたのである。この時も米田さんから声をかけられ、「浅山君、また君の仕事が出来たので協力してほしい」 という依頼を受け、DVD作成という仕事を引き受けたのである。この時も、代表世話人として挨拶されたのが強く印象に残っている。当然、挨拶を写したカットなし録画DVDが残っているので、再生して振り返ってみたいと思っているのである。

更に、20136月には、「関西奥出雲会」 5周年記念行事として、「奥出雲ふるさとツアー」 が企画され、この時も先頭に立って指揮を取られていたのである。このように、米田さんはコディネータとして抜群の才覚を持った方であり、なかなか米田さんの後を継ぐような方は出て来ないのではないかと思っている。せめて、現在の日本の男性の平均寿命である80歳までは生きて、関西奥出雲会10周年を指揮して欲しかったと思っていたのであるが残念である。米田さんのご冥福をお祈り致します。

2014年10月10日 (金)

日経コラムに 「地方創世」 の在り方を問う記事現れる

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

20141010日(金)本日の朝刊、日本経済新聞のコラム “大機小機” に地方創世を取り上げた記事が現れました。題目は 「国のかたち問う地方創生を」 である。

これを読むと、私が予てから主張している、地方創生を本気で考えるのであれば、抜本的な 「統治機構改革」 が必要であるという考え方に近い論調である。即ち、中央集権国家から地方分権国家への改革こそが本筋の改革であると言っているのである。

このコラムでは、“世界を見渡せば、分権国家と中央集権国家の明暗が際立ってきていて、先進5カ国(G5)を見ても分権国家である米国、ドイツに対して一極集中型の日英仏の低迷が目立つ。分権国家は危機からの復元力が相対的に高い。一極集中型の国家はいったん危機に見舞われれば全国に波及し、地域間格差をさらに広げる。”と論じているのである。

地方創世というテーマは、一朝一夕に成し遂げる事が出来るようなテーマではなく、国家百年の大計に立って抜本的な改革、即ち一極集中から多極分散へ仕組みを変えることから始め、これが全国津々浦々まで浸透して初めて成り立つものである。

安倍内閣という一内閣が継続する期間内に達成しようと思っても無理である。従い、超党派で 「地方創世」 を成功に導くための国家の在り方はどうあるべきかを徹底的に議論し、長期スパンでロードマップを作り上げ内閣が替わっても継続して行ける仕組みを作り、継続して行くことが重要であると思っている。

新聞コラムの原文を読みたい方は、次の文字をクリックすると繋がりますので読んでみて下さい。

日経新聞コラム “大機小機” 「国のかたち問う地方創世を」

10月28日 以下の記事を追加

1028日(火)本日の朝刊、日本経済新聞のコラム 大機小機に、再び地方創世を取り上げた記事が載りました。題目は 「地方創世には道州制を」 である。

現在、地方創世をめぐる議論が国会で行われていますが、全ての前提は中央集権(一極集中)を維持したままでの地方活性化議論である。地方創世を成し遂げる最も重要なファクターは、一極集中を如何にして排除し多極分散化を図って行くかがキーであると思っているのにも拘わらず、こうした議論は皆無である。

誰か有力なオピニオン・リーダーが現れて、中央集権から地方分権(一極集中から多極分散)への統治機構改革を声高に叫んでくれる人は出て来ないのだろうか?

新聞コラムの原文を読みたい方は、次の文字をクリックすると繋がりますので読んでみて下さい。

日経新聞コラム “大機小機” 「地方創世には道州制を」

2014年10月 6日 (月)

夢の実現へ更なる飛躍を望む!・・・イーロン・マスクへ

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

イーロン・マスクという起業家をご存じでしょうか?私は、最近知りました。98日、米国の電気自動車メーカーであるテスラ・モーターズのCEOとして来日し、テスラ・モーターズの第二世代の車 「モデルS」 を購入した日本の顧客に納車したのです。納車記念式典にあたりプレスイベントが行われ、そのニュースで知りました。

更に916日、NASA(米航空宇宙局)が2017年の初飛行を目指す有人宇宙船の開発を2つの米企業に託すことを発表しました。選ばれたのはスペース・シャトルの開発など実績のある航空宇宙大手ボーイング社と、ベンチャーのスペースX社という対照的な組み合わせの2社となりました。NASAは民間の競争原理を導入し、ロシアなどとの世界的な開発競争で再攻勢をかけるとしています。

ボーイング社は旅客機の生産など良く知られた大手企業ですが、スペースX社は2002年にイーロン・マスクにより設立されたベンチャー企業であることを知り驚くと共にイーロン・マスクという男に非常に興味を抱いたのです。

イーロン・マスクについて調べて見ると、いろいろな表現で呼ばれているようです。天才起業家、天才経営者、EV(電気自動車)とロケットの革命児、完全無欠のスーパーマン、ITの革命児、等々です。所が、イーロン・マスクのやっている事業がまだ海の物とも山の物とも分からないうちは、「ほら吹き」 呼ばわりされていたようですが、次々と実現するに従って「レジェンド(伝説)」 に変わり、影響力はどんどん増し、今やイーロン・マスクは世界で最も目が離せない経営者と呼ばれるようになって来たようです。

確かに、現在イーロン・マスクが手がけている、EVとロケットは他社の物とは 次元が違うくらい先を行っている と感じています。これは後で説明するとして、私がイーロン・マスクに最も心酔するのは、彼の哲学というか、コンセプトというか、明確なビジョンと確固たる信念のもと、リスクを恐れず物事を進めていることです。

彼の目的は、二つの夢の実現です。一つは、地球環境を守るため持続可能なエネルギーを実現すること。二つ目は、人類の新しい環境を求めた、宇宙への旅立ちである。いずれも、私財を投げ打って、人類のために自身を捧げるというミッションです。このため、彼は広義のデザイナー(設計を含む)であり、そして筋金入りのエンジニア(自分でそう言っている)として、週に100時間以上働き続けているのです。

EV 「モデルS」 について

それでは、テスラ社が開発した、EV 「モデルS」 について見てみると、現在日本で発売されているEVとは値段帯が違うため単純には比較出来ないのですが、日産のリーフ、三菱のi-MiEV、の場合、1回の充電で走行する距離が、160kmに対して「モデルS」 は400km(時速105km走行)である。充電時間は、200V58時間に対して、スーパー・チャージング・テクノロジーにより40分で出来るのである。参考ですが、「モデルS」 は時速29kmで走行し676km走った記録もあります。

性能は、「モデルS」の場合イーロン・マスクの説明によると、車の反応性が非常に良く、運転していると車に溶け込んで一体になったかのように感じるほど、ターンや加速が超能力でも使っているかのように瞬時に出来るそうです。ガソリン自動車には無理で、本質的な違いのようです。運転してみて初めて分かるとのことです。ちなみに、時速100km迄の加速時間は4.4秒です。同じ電気自動車である、リーフ、i-MiEV、でもこのような反応性を示すのかどうか?聞いたことがないので分かりません。

見栄えも、日本の車は軽タイプの箱形に対して、流線型でスポーツカータイプのセダンである。値段は、日本のモデルは約250万円、「モデルS」 は約750万円です。「モデルS、と スーパーチャージャー の写真 があります。文字をクリックすると繋がります。

スペースX社製スペース・シャトルについて

次に、スペースX社が開発している、スペース・シャトル後継機について見てみると、ボーイングの宇宙船は、1969年に初めて月面着陸に成功したアポロ宇宙船のように帰還時はパラシュートで降りるタイプであり、基本的に使い捨てである。一方、スペースXの宇宙船は、エンジンを逆噴射して減速しながら地上に着陸し、再利用可能である。着陸後、すぐにでも再利用できるとしている。

NASAが開発した、スペース・シャトルは再利用可能でしたが、再利用される部分も次の飛行までに9ヶ月と1万人の人手をかけて修理する必要があり、結果としてスペース・シャトルは1回の打ち上げに1100億円もかかり、どう見ても割が合わなかったのです。

宇宙船を打ち上げるロケットは、ボーイングはロシア製エンジンを積むロケット 「アトラスV」 を予定していますが、ロシアは5月に輸出停止を突然表明し、ロシア頼みの危うさが浮かび上がって来ています。一方、スペースXは、自社開発の 「ファルコン9」 を使う予定です。「ファルコン9」 では、製造コストを約75%削減、機体、エンジン、電子機器、打ち上げの運用、等々革新したことは山ほどあるようです。従い、「ファルコン9」 の打ち上げ費用は、約60億円で他社のほぼ半額に近い安さを実現しています。ちなみに、日本の最新鋭ロケットHAの打ち上げ費用は、約100億円かかっています。

更に、イーロン・マスクが問題であると指摘しているのは、現在のロケットは全て使い捨てであることです。現在、使用されている輸送手段、飛行機、電車、自動車、バイク、馬、等々全て再利用可能であるがロケットだけが例外である。宇宙に進出する文明を確立するためには、解決されなければならない問題であるとしています。

スペースXは、既にグラスホッパー・テスト・プロジェクトと呼ぶ、打ち上げロケットの各段が打ち上げ場に戻って来る実験を繰り返し行っています。これがうまく行けば、打ち上げ後数時間以内にまた打ち上げが出来るという本当の再利用可能ロケットとなります。ロケットに使用する燃料代は、全体の費用の0.3%程に過ぎないので、再利用可能になれば、宇宙飛行のコストは1/100迄に改善されるとしています。

イーロン・マスクは火星移住の夢を持っていて、これの実現のために現在そのステップを着々と進めて行っているという状況です。NASAから、次世代のシャトル後継機開発のお墨付きを得たことにより、開発費約2,800億円が投じられることになったため、開発により弾みがつくことになるだろうと思っています。

その他のプロジェクトについて

イーロン・マスクは、EVとロケット以外に、ソーラーシティーという太陽光発電の会社も経営しています。これは、彼の持論である持続可能エネルギー社会を実現するために必要であるとの観点からです。そして、彼は20年以内に発電の主力は太陽光になると予言しているのです。

EV 「モデルS」 に使用する充電スタンドはスーパーチャージャーと呼ばれ、太陽光発電を利用した充電設備で有り、米国の主要道路沿いに設置されていて、「モデルS」 のオーナーは無料で使用出来るようになっています。日本でも、スーパーチャージャーは2015年までに日本中に設置される予定です。

更に、驚くべきことは昨年8月に、夢の超高速列車 「ハイパーループ」 構想を発表しました。これは、現在カリフォルニア州で検討されている高速鉄道、総工費約68000億円に対するアンチテーゼとして発表されたものです。現在計画されている高速鉄道は建設費が高い上に、遅過ぎて、実用的ではないと批判しているのです。

ハイパーループは減圧(100pa程度)されたチューブ(管)の中を乗り物(ポッド)が空中浮上(非接触)して進むシステムです。最高時速は1,220kmでロサンゼルス-サンフランシスコ間(全長610km)を30分で結ぶものです。建設には、期間が20年以上で全体の建設費用見込みは7,100億円です。チューブの建設費用が主要部分を占め、車体の経費は合計で1,100億円未満です。従い、現在検討されている高速鉄道と比較すると、コストが約1/10程度、工期も短縮されることから注目されているようです。

現在、「ハイパーループ」については、別の会社 「ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジー」を作り、ここで2015年始めまでにプロトタイプ(試作機)を完成させる予定とのことです。実現すれば、まさに夢のような話です。是非注目してみたいと思っています。

このように、イーロン・マスクは一人で幾つものプロジェクトを運用(経営)するという、まさにスーパーマン的な活躍をしています。その秘伝(ノウハウ)はどこにあるのか?という質問に対して、考えるためのフレームワークとして物理学をあげています。何か新しいことをしようと言うときは物理学のアプローチを使う必要があります。即ち、原理と推論つまり物事を本質的な真理まで煮詰めてそこから推論するという事である、と答えています。ちなみに、彼はペンシルニア大学で経済学と物理学の学位を取得しています。

イーロン・マスクは、アップルのスティーブ・ジョブズ、マイクロソフトのビル・ゲイツ、を継ぎ、そして上回る起業家になるのではないかと思っています。何よりも素晴らしいのは、金儲けに執着するのではなく、地球を救おうという観点に立って物事を進めていることです。頑張れ!イーロン・マスク

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »