フォト
無料ブログはココログ

« 日経コラム記事を読んで共感を覚えた話題 | トップページ | 安倍首相 「米上下両院での演説」 を聞いての感想 »

2015年4月23日 (木)

沖縄の基地問題どう解決したら良いのだろうか?

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

沖縄の基地問題で政府と沖縄県との対立が深まっている。日本国民にとってなんともやりきれない思いを抱かせている問題である。双方の言い分に一理あり、どちらがどうのとすぐに言えない所に苛立ちを感じるのである。

この問題は、日本の安全保障に関わる問題であり、日本国民であれば全ての人が真剣に考えなければならない課題である。各メディアもどう扱ってよいのかはっきりした方向性を打ち出していないのが現状である。

沖縄の基地は地政学的に言って必要不可欠な基地である。軍事力により現状変更をいとわない覇権国家、言わずと知れた共産党一党独裁国家(中国)による絶えず挑発が行われている尖閣諸島に最も近い基地である。一触即発の危機は今も続いているのである。まさに米国海兵隊の駐留が必要な地域である。

尖閣諸島については、日本が絶えず領土保全監視活動を行い警告を発している、更に米国が日本の施政権が及ぶ地域については日米安全保障条約が適用されると明言しているため、中国も大きな問題となるような挑発ではなく、様子見的な挑発行動となっているのである。

一方、中国とフィリピンが領有権を争っている南シナ海の南沙諸島については、米軍のプレゼンスが無いことを見越し、フィリピンの警告を無視して、中国は埋め立てを行い軍事基地の建設を着々と進めているのである。

昨年(2014年)4月、オバマ大統領のマニラ訪問時に、米国とフィリピンは 「防衛協力強化協定」 に署名し発行しました。しかし、遺憾なことに昨年5月、フィリピンの左翼系の元議員やNGOが、この協定は外国軍隊の 「駐留」 を禁じた憲法に違反している、協定は議会の承認を要する、として最高裁判所へ提訴しており、協定は未だ機能するに至っていません。

南シナ海にとっても、米国のプレゼンスは必要ですが、プレゼンスの拠点が日本やグアムでは遠くて効果的なプレゼンスになりません。従い、今のところ中国のやりたい放題になっているようです。

翻って、沖縄基地問題に戻ると、現在どの新聞・テレビもタブーとして目を背ける中で、週刊文春だけがこのタブー問題に果敢に取り組み特集記事を載せているのである。この記事は、次号、次々号へと続くようである。

文春の記事は、沖縄を裏から見た事について言及しているのである。翁長知事と中国の工作機関との関係、沖縄の独立を画策する 「琉球民族独立総合研究学会」 に食指を動かす中国、中国との関係強化を図りながら反基地運動を進めるシンクタンク 「新外交イニシアティブ」、等々についてである。

真偽の程は分かりませんが、文春の記事によると、地元・辺野古地区の住民は八割が基地容認であり、反対しているのは辺野古の住民ではなく、本土や那覇から来た人ばかりで、マスコミはそういう現実を伝えていないとのことである。実際に文春の記者がゲート前で抗議活動をしている一団に、どこから来たのか聞くと、東京や神奈川、福井などと県外からが多かったとのことである。

そして、ボーリング調査をする作業船にカヌーで近づき作業の妨害をする中心になっているのが革マル派であり、これに続き革労協など他の過激派も沖縄に拠点を築こうと続々と本土から入り込んでいるとのことである。

いずれにしてもこの問題は、政府に任せるばかりでなく、野党を含めた超党派で対策案を考えるべきである。沖縄県外で米国のプレゼンスが効く場所に新たに基地を建設する案も考慮すべきかもしれないが、しかしこれでは一からのやり直しになり、今まで検討してきたことが全て水泡に帰し、普天間基地の移設は何時になるのか全くメドが立たなくなってしまう。沖縄県側としても本当にこれでよいのか?この点について再度民意を問う必要があるのではないかと思う。

死んだこの年を数えるようで申しわけないが、20064月政府と名護市は「普天間飛行場代替施設の建設に係わる基本合意書」を交わしたのである。所が、20099月鳩山政権が発足し、移設先は最低でも県外との発言により、名護市辺野古の案は宙に浮いたのである。鳩山政権は県外案を主張したが、国内外の了解を得ることが出来ず、結局最後元に戻す事にしたのであるが、結果は 「覆水盆に返らず」 となってしまったのである。

私の考えとしては、米軍のプレゼンスが効き、一般市民にとっても比較的安全な場所である名護市辺野古は、現時点では最適な場所ではないかと思う。政府が、仲井真前知事と合意した2019年までに普天間基地の運用停止する為には、工事を急がなければならない。従い、沖縄県に対しては申し訳ないが、名護市辺野古の案を了解してもらう、その代わり沖縄にある他の基地を極力減らす方向で政府・沖縄間の決着がつくことを願う次第である。

« 日経コラム記事を読んで共感を覚えた話題 | トップページ | 安倍首相 「米上下両院での演説」 を聞いての感想 »

気になるニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の基地問題どう解決したら良いのだろうか?:

« 日経コラム記事を読んで共感を覚えた話題 | トップページ | 安倍首相 「米上下両院での演説」 を聞いての感想 »