フォト
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の記事

2015年7月24日 (金)

嫌なやつが20数年振りに帰って来た・・・尿路結石

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私の持病であった尿路結石、過去幾度となく悩まされ続けて来た。最後に発生してから20数年発生していなかったのでもう完全に卒業したものと思っていた。

所が、先日 716日の午後、カラオケの最中に左下腹部が痛み出し、しばらく辛抱していたのであるが、どんどん痛みが増して来たので途中で切り上げ、家に帰って来た。その判断が正しかったのか、家に着くと痛みが更に増し、遂に激痛の領域に入って来たのである。

すぐに、かかりつけの医者の所へ行こうとしたのであるが、木曜日の午後は休診であり、公済病院 (心筋梗塞で入院した所) へ連絡を取った所、すぐに来なさいとのことであり、たまたま家に来ていた家内の友人の車に乗せてもらって行った。

病院へ着くと急患室へ通され、すぐに点滴が始まった。と同時に痛み止めも処方され、点滴が続けられた。どれくらい続いたか定かでなかったが、気がつくと徐々に痛みが和らいできていた。どうやら点滴をしながら、CTスキャンで下腹部の撮影も行われたようであった。

完全に痛みが治まった2時間後、点滴が外され医師から説明を聞いた。左側の尿路 (腎臓から膀胱へ繋がっている尿管) の丁度真ん中当たりに、直径7ミリ位の石があるとのことであった。

時刻はもう既に夕方、痛みが治まったからと言って、すぐに家に帰ったとしても、夜中に再発する可能性があり、この日は入院することになった。

過去、私が聞きかじりで知っていた知識では、狭い尿路の中を石が移動する時、周囲とこすれて痛みが出たり、出血したりするというものであった。従い、点滴をすることにより、水分をたくさん供給し、尿路と石の間の緩衝剤として働き、痛みが緩和されるのである。

この理屈からすると、石が体の中に残って居る限り、点滴をし続け、少しでも石を尿路の下に、押し流すようにすべきであると思っていたにもかかわらず、早めに点滴が打ちきられ、何故かなと合点が行かなかった。

その晩の夕食は、おかゆ、焼き魚、野菜のおひたし、等々であった。そして痛み止めの飲み薬が処方された。痛み止めは胃を悪くすることが分かっていたが胃薬も同時に出ていたので、呑んで寝た。幸いその夜は何も異常は起こらず、熟睡出来た。

翌日、下腹部のレントゲンを取りその後、担当の医師による診察が行われた。レントゲン写真には、明瞭に石が写っていてスケールを当てると約7ミリであることが確認出来た。

医師の説明によると、腹痛が起こるメカニズムは、尿が石で堰き止められ、腎臓が腫れたり、炎症を起こしたりすることから起こるのだそうである。痛みが治まった後も、長く点滴を続けることは良くないので、点滴をすぐに打ち切ったとの説明であった。

尿路には、まだ石が残っており、このままでは何時再発するか分からない状態であり、どう処置されるのかな!と思っていた所、4種類の薬が出され、これを服用しながら石が下降し出るのを待つことになった。そして、午後退院、その後は2週間毎に、経過をみることになった。果たして、何時出ることやら!

4種類の薬とは、1.酸性に傾いた尿や血液を正常に調整し腎臓へ尿酸の沈着を防ぐ薬、2.尿路のけいれんや痛みを抑える薬、3.前立腺肥大で尿がでにくいのを改善する薬、4.痛い時に使用する座薬、等々である。

尿路結石に最初に罹ったのは35歳ごろであり、その後約5年おき毎に4回罹って来た。内2回は、海外出張中であり、その時々激痛に見舞われ、忘れようにも忘れられない記憶に残っているのである。

2015年7月 7日 (火)

ギリシャはどこへ向かうのか?・・・第三国(ハゲタカ)が狙っている

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ギリシャの債務問題、ギリシャ国民は難しい判断を迫られた。EUが求める財政緊縮策の受け入れ賛否を問う国民投票が行われたが、受け入れに賛成するのも、反対するのも、いずれを選択しても茨の道であったのだ。

即ち、賛成すればEUが求める厳しい緊縮策を受け入れ、公共投資削減、公務員削減、年金削減、付加価値税の増税(日本の消費税に相当)、等々の施策を実施しなければならない。産業に乏しい地方では既に失業率が高い上に、更に増税も加わり一層厳しい状態を強いられるのである。

逆に、反対すればギリシャ経済の破綻、ユーロ圏からの離脱が現実身を帯び、ユーロが使えなくなり、自国通貨ドラクマを発行しなければならなくなる。こうなると、とてつもないインフレの道が待ち受けているのである。

ギリシャは、既に数年にわたり緊縮策を実行してきたが、経済は好転に向かうどころか、悪化の一途をたどり、これ以上の緊縮策を続けることは難しい社会情勢となっていた。そのしわ寄せを最も受けたのは若年層、低賃金に不満を持つ労働者層であり、反対によって起こるEUやユーロ圏からの離脱の危険など考慮する余裕はなく、これ以上耐えられないとの思いから緊縮策にノーを突きつけたのである。今後一体この問題はどう解決されて行くのだろうか?

ギリシャの債務問題は、一見遠いヨーロッパの国の出来事のように見えるが、日本の財政に占める赤字国債の割合から判断すると、日本に取っても近い将来の 反面教師 なのである。

20154月現在、日本全体の債務残高は1,300兆円を超した。GDP比で見ると234%、で他の先進国と比較してもダントツに多く倍以上である。安倍政権になってから、アベノミクスのお陰で税収が増え、国家予算に占める赤字国債の割合は4割ほどに減って来ているのであるが、財政状況は依然として厳しく、なお一層の財政再建努力が求められている。

当面の目標は、2020年プライマリーバランス (基礎的財政収支) の黒字化である。これを達成するためには、ギリシャを 他人事 として見るのではなく、日本でも緊縮策を実施する必要がある。緊縮策を実行すると経済の悪化を招く恐れがあるので、それを防ぐ積極的施策、成長戦略、IR (統合型リゾート) 等を並行して進め、経済を成長させながら進めて行くことが必要である。大阪都構想反対は、結果的に成長戦略の足を引っ張ったのである。

話が横道にそれたが、ギリシャは地政学上、非常に重要な位置にある。従い、仮にギリシャがEUを離脱するようなことになれば、その隙を狙って第三国 (ハゲタカ) が食指を動かして来るのである。

その第一候補はロシアである。ロシアがウクライナから強奪したクリミア半島 (黒海) にある海軍基地セバストポリスから地中海への出口はギリシャであり、ロシアとしては自陣営に引き込みたい重要な位置にある国である。

ロシアは現在、欧米から経済制裁を受け、経済状況は芳しくないが、資源大国である。切り札であるエネルギー、即ち天然ガス供給でチプラス政権に近づこうとしている。ギリシャに取って仮にエネルギーが格安で供給されるとなるとギリシャ経済に取って非常に魅力的なのである。

更に第二候補は、中国である。中国は現在、一帯一路構想、即ち陸のシルクロード経済圏、海のシルクロード経済圏、を築こうとしている。一帯一路構想の中に、ギリシャが売却しようとしているピレウス港の買い手に中国の国営海運が入っているのである。更に、李克強首相はギリシャ危機に対して、「中国は建設的な役割を果たす用意がある」 と明言している。

ギリシャの債務危機が今後どのように解決されて行くのか不透明であるが、万が一EUとギリシャ間の交渉が決裂、デフォルトになりEU圏を離脱するようなことにでもなれば、前述した第三国が債務の肩代わりに乗り出し、ギリシャを自陣営に引き込もうとしてくることは明白である。

ギリシャ危機は、世界経済への打撃のみならず、安全保障上に取っても重要であり、オバマ大統領はギリシャのEU離脱を恐れ、EU首脳に対して電話攻勢をかけ、ギリシャのEU離脱を食い止めるように要請している。しかし、この問題どうなるのか?誰にも予測がつかない状況である。一つだけ言える事は、火事場の混乱に乗じて第三国 (ハゲタカ) に “漁夫の利” を与えるような結果にならない事を願う次第である。

2015年7月 2日 (木)

全英オープン・錦織圭2回戦前に棄権・・・体力強化が課題

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テニスのグランド・スラム第3戦、全英オープンが628日からイギリス・ウィンブルドンで始まった。日本人として初めてグランド・スラム優勝が期待される錦織圭(世界ランク5位)の挑戦は残念ながら2回戦を前にして棄権という形で終わってしまった。

615日~621日に行われた全英オープンの前哨戦 ATP500 ゲリー・ウェバー・オープン (ドイツのハレ・芝コート)、錦織圭は第2シードとして出場、1回戦世界ランク29位の ドミニク・ティエム (オーストリア) にストレート勝ち、2回戦世界ランク114位のダスティン・ブラウン (ドイツ) にもストレート勝ち、準々決勝世界ランク51位のイェルジ・ヤノビッチ (ポーランド )に対しては6-45-76-3、と1セット取られ試合時間が2時間30分と長くなったが勝利し準決勝に駒を進めた。

準決勝では、世界ランク45位のアンドレアス・セッピ(イタリア)との対戦となった。過去の対戦成績は錦織の21敗であり、現在のランクからしても当然勝ち上がり、決勝での相手は錦織が尊敬する先輩そしてライバルであるロジャー・フェデラーとなると期待していたが、足のふくらはぎいっぱいにテーピングをして登場、準々決勝で痛めたようである。

ロジャー・フェデラーとの決勝戦を夢見ていたのであるが、あにはからんや準決勝で足が全く動かず、立ち上がり第1ゲームからブレークを許す、第2ゲームセッピがラブゲームでキープ、第3ゲームほとんど自分は動かない状態ながらサービスキープ、第4ゲームセッピが楽々キープ、第5ゲームまるで練習試合のようにセッピがブレーク、第6ゲーム開始時点ゲームカウント1-4で棄権を申し出、敗れたのである

試合終了後足の検査をした結果、左ふくらはぎ筋膜炎と分かった。症状はそんなにひどくはなく、大事に至ることはないとの診断であったが、ウインブルドンでの戦いが1週間後に迫っている中なので、どれだけ回復するのか一抹の不安を抱えるものとなった。

そして、1週間後の629日から全英オープンが始まった。1回戦の相手は世界ランク55位のシモーネ・ボレリ、錦織とのランク差はあるが相手は芝巧者、ダブルスが得意で今年の全豪オープンダブルスで優勝している。昨年の全英オープンでは、3回戦で当たりフルセットにもつれ込む接戦の末勝利しているのである。

今年の試合も1セット目は比較的楽に取れたが、2セット目は互いに譲らずタイブレークに入る。タイブレークでも試合を有利に進め取れそうな展開になったが、練習不足が影響したのかミスが重なり落としてしまう。3セット目は錦織、4セット目はボレリが取り、もつれる試合展開になる。

最終セットに入り、第1ゲーム錦織サービスキープ、第2ゲーム錦織ブレークに成功、第3ゲーム錦織ラブゲームでキープ、いきなり3-0と錦織がリードする展開となった。しかし、ここで左足が痛むのかトレーナを呼んでメディカル・タイムアウトを取り、白い包帯が左ふくらはぎいっぱいに巻かれる。この後は、お互いにサービスキープする戦いとなり、結局6-3で錦織の勝利となった。終わって見ると3時間22分に及ぶ大接戦となったのである。

1日空けての71日、2回戦は世界ランク60位のサンチャゴ・ヒラルド (コロンビア) であるが、今年の4月バルセロナ・オープンでストレート勝ちしている相手であり、錦織が本調子であれば恐れる相手ではない。しかし、足の怪我が果たしてどこまで回復するのか気になるところであった。

結局、当日試合前の練習を40分やったが、試合と同じ動きをすると痛みが出、このまま試合に出場しても勝てないだろうとの判断から棄権することになったのである。非常に残念であるが、怪我でありしかたがない。今後は回復に努め、次の戦い全米オープン(得意のハードコート)で、全力で戦えるよう力を蓄えて望んでほしいと願うのである。

はからずも、錦織圭の弱点はテクニカルな面よりも、フィジカルな面にある事が暴露される形となったのである。以前から、フィジカル面の弱さが指摘され、専属トレーナの指導のもと体幹トレーニングを行い、フィジカル面の弱点を克服したと聞いていたのであるが、未だ解決していないようである。

何年間にも渡りグランド・スラムを制覇して来ている、現在のトッププレーヤ、ノバク・ジョコビッチ、ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、等々はトーナメントの途中で試合を棄権することもあったが、そう頻繁ではなく、ほとんど記憶に残らない範囲である。所が、錦織圭の場合頻度が高く、グランド・スラム制覇を期待しても、後半のタフな戦いになった時、フィジカル面の弱さが出るようでは、今後大きな期待がかけられないという予感がするのである。

そこで提案であるが、畑は違うが “無事これ名馬” の代表選手である、大リーグのイチローにトレーニングの弟子入りをし、その方法を学んだらどうか?というものである。イチローは、いろいろな筋トレマシーンを自宅に何種類も持っていて体力強化を行っている。背筋、腹筋、首、肩、腕、腰、太もも、脚、等々それぞれ必要に応じて行っているのである。

プロのスポーツ選手である限り、体力強化は絶対に必要なことである。如何にスポーツ選手としての素質を見込まれ兼ね備えていたとしても、フィジカル面で弱かったら大成出来ないと思うからである。

プロのスポーツ選手ではないが、陸上短距離の桐生祥秀選手についても言えるのではないか?と思うのである。素質は充分であるが、しょっちゅう肉離れを起こし肝心要の大会に出場できないという事が多すぎるのである。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »