フォト
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の記事

2015年12月12日 (土)

金星探査機「あかつき」がくれた教訓・・・見習う価値がある


にほんブログ村

2010521日、金星探査機 「あかつき」 は、種子島宇宙センターから打ち上げられ、約7ヶ月後の127日に主力エンジンを逆噴射して減速し、金星周回軌道へ入る予定であった。所が、12分間噴射する予定が23分にとどまった。ここのため、予定の軌道に入ることが出来ず、金星を通り過ぎてしまったのである。

この時の模様はテレビ中継された。主エンジンが逆噴射され、「あかつき」 が一端金星の陰にかくれ、次に出て来た時には金星の軌道に乗っているはずであったが、通り過ぎてしまったのである。当時、すぐには何が起きているのか分からず、何故?と悔しい思いをしながら見ていたのである。

原因は、後の調査の結果、“主エンジンに燃料を送り込むパイプにある 「逆止弁」 と呼ぶバルブが開かなかった” という故障に起因したのである。

金星の軌道へ投入するチャンスは唯一度だけである。従い、ここで失敗すると次チャンスが巡って来るのは5年後の2015年と計算し予測されていた。しかし、当時の思いとしては、「言うは易く行う難し」 であった。何故ならば、この5年間に 「あかつき」 は太陽の回りを9周してやっと、金星軌道へ再投入されるチャンスが来るからである。

5年間と言えば、宇宙の時間感覚で言えば瞬時かもしれないが、地球より内側の軌道を5年間9周も飛行すれば、太陽から受ける熱による機器の劣化、燃料の消耗、設計寿命の4年半を過ぎている、等々ハザードは予想以上に多いのである。

兎に角、当初の予想通り、金星の軌道に再投入出来るという 「千載一遇のチャンス」 がやって来たのである。このチャンスを生かすも殺すもJAXA次第である。

JAXAはこの5年間、「千載一遇のチャンス」 を生かすため綿密な計画を立てて臨んだのである。即ち、1.主エンジンが故障している為、姿勢制御用の小型エンジン4機を同時に逆噴射させる、2.小型エンジンは推進力が主エンジンの1/5以下でありこれを補うため、2028秒という長い時間噴射させる、3.何万通りかの軌道計算を行い、最適な軌道を見つけこの軌道に乗せる、4.手順を細かく規定し手順通りに、12月7日午前851分に逆噴射を行う、等々を極めて的確に行ったのである。

その結果、遂に軌道投入に成功、金星探査機 「あかつき」 が教訓を与えてくれることになったのである。即ち、一度失敗しても次に来ると予想される 「千載一遇のチャンス」 を狙って、綿密な計画を立て、手順を間違わずに実行すれば、名誉挽回 or 汚名返上 を果たすことが出来るということである。

日本の宇宙探査は、ハヤブサ1号機の如く、数々の困難に遭遇しながら叡知を振り絞り、困難を乗り切り解決して成功に導いて来た経験がある。今回の 「あかつき」 についても、不撓不屈の精神で事に当たれば道が開けるという事を教えてくれたのである。

振り返って、我々の人生に於いてもこれと同じような事が言えるのではないだろうか?長い人生その行く先には岐路が幾つもあり、中には千載一遇というチャンスもある、ここでそのチャンスを掴めるか否か?は人生に賭ける真剣さによって決まるのではないだろうか?運によるという人もいるだろうが、運を掴むことが出来るのもそれを掴む資質があるからだと思っている。

バブル経済崩壊後の不況期に新卒者だった人々は、就職氷河期世代と呼ばれ、多くの人々が正規の軌道 (正規労働者) に乗ることが出来ず、意図しないな軌道 (非正規労働者) に乗っているのである。

現在この世代は40歳代に達し、3544歳の壮年非正規労働者が増加している。正社員を望みながら機会に恵まれなかったこの世代は2014年時点で70万人に上るという。

一億総活躍社会という漠然としたスローガンが叫ばれているが、まず最初に就職氷河時代に遭遇した ロスト・ゼネレーション(別名:貧乏くじ時代) と呼ばれる世代に対して再度チャンスを与えることから始めたら良いのではないだろうか?「あかつき」 の教訓を糧に是非チャンスを掴んで欲しいと願うのである。

2015年12月 1日 (火)

“瓢箪から駒が出る”に遭遇・・人生終盤の喜びに繋がることを望む

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1128日、ニューヨーク在住のM氏という方からメールが舞い込んできた。最初は、迷惑メールか、フィシング詐欺か、と疑っていたのであるが、内容を読んでみると まともで貴重なメール であることが判明した。

私のメールアドレスには、1100件位のメールが入って来る。そのほとんどが迷惑メールである。そろそろメールアドレスを変えたいと思っているのであるが、アドレスがあまりにも広範囲に行き渡ってしまい変えられないでいる。

そこで、対策として迷惑メールについては受信拒否設定をし、メールが入って来ると自動的に迷惑メールに振り分けるようにしている。そうすると、受信トレイに入って来るまともなメールは10/日程度である。迷惑メールに入ったメールは 見向きもせず消去 するようにしている。迷惑メールに関し何か良い対処方法をご存じの方、教えて頂きたいと願っています。

話が横にそれましたが、本題に帰ってニューヨークからきた貴重なメールに戻ります。メールの発信人M氏は、1960年新白砂電機 (以下シルバーと記す) 最初の海外駐在員としてニューヨークに派遣され、現在もニューヨークに在住されている方であった。

M氏は、ネットでシルバーの歴史を調べていたら、偶然私のホームページ (以下HPと記す) にヒットするというハップニングに遭遇されたのである。

私の簡単な経歴は、三洋電機で約38年間勤務 2006年末10年間駐在していたシンガポールで退職、2007年初に日本へ帰国した。三洋電機に勤務する前3年半は名古屋にあるシルバーに勤務していた。その後、三洋電機へ転職したのである。

私のHPのメインテーマは、“人生の活動記録をいろいろな角度から表現する” である。HPの中の一つのテーマとして “活動記録 がある。ここでは、年代を区切りそれぞれの年代に合わせて、その時々の出来事を詳細に記述している。

1966年~1969年は “新白砂電機勤務 時代としてその内容を記述しているのである。M氏がインターネットで検索をかけられた時、この 新白砂電機 という単語が検索にひっかかり私のHPに遭遇されたと推測している。

M氏の言を借りると、シルバーは10年位前にオンキョーに吸収合併され消滅したそうであるが、元の社員の結束と繋がりは強く、今でも年に一回 「シルバーOB会」 が開催され90100名位の方々が参加され盛大に行われているそうである。

M氏は今年のOB会にニューヨークから帰国し参加されたのである。今回のM氏からのメールには、「第25回シルバー会」 という名の付いた集合写真も一緒に送られて来た。写真を拡大して、ひとり一人顔を確認したところ、昔と面影が変わっていない2名の方は分かったが、あとの方は分からなかった。

M氏へメールの返信として、1.連絡頂き有り難かったこと、2.シルバーに勤務していたのは青春時代の後半、今でも当時の記憶は鮮明に残っていること、3.シルバーに興味があればOB会に参加する意思はあるかと問われていたので、体調と日程が許せば是非参加したいこと、4.送付された写真を確認したところ2名の方が分かったこと、等々を連絡したのである。

するとM氏から更に返信があり、写真について私が知っている方の隣から始まり、順に誰々であると名前の連絡頂いたのである。すると同期入社の方が数名おられたのであるが、これすら当時とはあまりにもイメージが変わっていたので分からなかった。当時、先輩として知っていた方々の名前も記述されていたのであるが、これも全く分からなかったのである。

それもそのはず、私が20歳代前半に出会った人々であり、その時から既に 46年という歳月が流れている のである。青年が老人 に変わっているのであり、分からなくてもやむを得ないと感じた。学生時代の同窓会であれば、少なくとも数年に一度は会ったりするので老けるといっても共に老けて行くので一気の変化は感じないのである。 “歳月は人のイメージを変える” ということを実感したのである。

M氏からのメールの後、追っかけて 「シルバーOB会」 の責任者をしているK氏からメールを頂いた。なんとK氏は大卒で私と同期入社の方であり、更にびっくりさせられた。K氏から来年も5月にOB会を開催することになっているので出席を予定しておいて欲しいという呼びかけであった。

何と言って表現したら良いのか?困るのであるが、一通のメールから始まって、まさに急転直下の物事の進行、全く夢にさえ見ない、そして200%予測すらしていなかったことが、現実になろうとしているのである。まさに “瓢箪から駒が出る” に遭遇 したのである。

年が明けると、数え年74歳になるのであるが、現在の私の健康状態から判断すると、そんなに長生きは出来ないだろうと思っている。何とか頑張って喜寿迄はたどり着きたいと願ってはいるが!そうした観点から判断すると、仮に来年 「シルバーOB会」 に出席できるのであれば、人生終盤、最後の喜び、楽しみ になるのではないだろうか?と今からワクワクする気持ちなっている。何とか 47年振りの再会 を実現させたいと願っているのである。

こうした意外な所から意外な事柄を発生させてくれるのは、インターネットの普及と検索エンジンの進歩によるものである。そして、それを上手く利用する技術とノウハウも必要である。我々が若かった頃には想像も出来なかったことである。しかし、今後はこうした意外と思うことが、日常茶飯事になるのではないだろうか?インターネット・検索エンジンに感謝すると同時に恐るべき、と感じるのである。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »