フォト
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の記事

2016年6月29日 (水)

英国EU離脱問題どうなるのか・・・大英帝国が崩壊し新しい英国の誕生か?


にほんブログ村

623日、英国でEU離脱 (ブレギジット・Brexit) を問う国民投票が行われた。当初、私は残留ですんなり決着がつくのではないだろうか?と見ていた。その根拠は、ブックメーカが行っている賭けのオッズ では、圧倒的に残留への比率が高く、残留が7682%、離脱が2326%、であったからである。

しかし、見事に予想が外れ、僅差ではあったが、離脱派が勝利した。離脱派51.9%、残留派48.1%が最終結果である。離脱を指示したのは、高齢者、地方在住者、労働者、であるのに対して、残留を指示したのは、若者、都市在住者、高学歴者、というのが大まかな区別である。

この構図は、大阪都構想の賛否投票に現れた傾向とどこか似ているように思えたのである。即ち、都構想反対派は高齢者、地方在住者 (大阪市の周辺区の在住者)、賛成派は、若者、都市在住者 (大阪市の中心区の在住者) であったからである。

大阪都構想が否決された後の世論調査では、「大阪都構想」 が住民投票で反対多数となったことを 「評価しない」 とする回答が46.4%となり、「評価する」 の39.6%を上回り、投票結果とは逆の評価となったのである。

その後の動きとして、経済活性化の起爆剤として期待されていた都構想が否決されたことにより、あれだけ盛り上り熱気を帯びていた世論の動きもいつしか尻すぼみとなり、再び活気のない大阪に戻ってしまった感じがしている。

都構想推進の中心人物で政治生命を賭けて戦って来た、橋下前市長も政界を引退し、若者が描いていたIR (統合型リゾート構想)も、建設に向けた調査費の予算案が市議会で大幅に減額修正され、府は取り下げを決めてしまった。

橋下前市長退任に伴って、新しく大阪府知事、大阪市長の選挙が行われた。ここでは、都構想反対の投票結果とは違って、都構想推進派の知事、市長が圧倒的な強さで勝利した。果たして、再び新知事、新市長のもとで大阪都構想は蘇って来るのだろうか?

一方、EU離脱派が勝利した英国は今後どうなって行くのだろうか?今回の投票結果により、英国が抱えている問題が解決に向かうとは思っていない。変化の始まりがスタートしたのに過ぎず、これから紆余曲折の様々な出来事が発生してくるだろうと思っている。EU各国に於いても同様のことが起こるのではと危惧している。

大英帝国は、長い間世界の覇権国家として君臨して来た歴史がある。即ち、17世紀末から20世紀前半中頃まで約230年間覇権国家の地位を維持して来たのである。少し、振り返ってみると、

1588年、英国はスペインの無敵艦隊を撃破、そして丁度100年後の1688年名誉革命を成し遂げ、近代化と対外的発展への準備を完成し、押しも押されもせぬ覇権国家となった。そして、1760年~1837年にかけて産業革命を成し遂げ、覇権国家の地位を不動のものとした。

この時期、英国の前に立ちはだかったのは、フランスであった。フランスは、絶対王政の時代、フランス革命後のナポレオン時代を通じて、英国に挑戦したが、1815年ワーテルローの戦いでナポレオンが敗れ、覇権を取ることが出来なかった。

19世紀の後半に入ると、その覇権を脅かしたのがロシアであった。この時、英国は日英同盟を結び、日露戦争における日本を勝利に導いて、ロシアの挑戦を退けた。敗北したロシアでは、革命が起こり力を失って行った。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、英国の覇権に挑戦したのが、ドイツであった。しかし、ドイツも第一次世界大戦で敗北し、英国から覇権を奪うことは出来なかった。

第一次世界大戦と第二次世界大戦を通じて、世界覇権は英国から米国へ移り、長かった英国の世界覇権も終わりを告げる時が来たのである。

第二次世界大戦後、英国の力は徐々に衰退して行き、20世紀後半 半分過ぎた頃から めぼしい産業もその力を失って行ったと感じている。その良い例が自動車産業である。ロールス・ロイス、ジャガー、ランドローバー、等々いずれも他の国の傘下に入ってしまった。

そして、21世紀に入ると、経済的に困窮した英国は、最も非民主的な国家であるのにも関わらず、中国マネーの取り込みを始めた。自前でインフラ整備をする事が出来ず他国の資本を利用するため、英国の伝統であるソフトパワーをかなぐり捨て中国に屈服した。その詳細には、次の文字をクリックすると繋がります。

英国、中国マネーに屈服か・・・英国の権威は何処へ?

今回の国民投票の結果、離脱派が勝利したのであるが、これに反発している残留派、スコットランド、ロンドン、北アイルランド、等々では独立の住民投票を行おうとする動きが出始めている。

一方、離脱派指導者の一人、英国独立党のファラージ党首は、EU負担金の予算が浮くと主張していたが、その使途は確約できないと語り、このスローガンは 「離脱派の過ちだった」 とも発言し、物議を醸し出している。

このように、離脱派、残留派、共にいろいろな噂が錯綜し、混乱が広がっている。国民投票のやり直しや、EUとの離脱交渉先送り、等々今後どうなって行くのか先が全く見通せない状況下に陥っている。

しかし私は、今回のEU離脱問題を長いスパンで見ると、英国が衰退して行く歴史の流の中のほんのひとこまに過ぎないのではないだろうか?即ち、大英帝国の覇権は約1世紀弱前に終わったのであるが、その時以来衰退が始まり、少しずつ進んで来て今日に至っているのではないだろうか?と思うのである。

別の言葉で言い変えると、大英帝国がなくなり、新しい英国が生まれるチャンスが来ているのではないだろうか?とも考えるのである。あくまでも想像の域を脱しないフィクションではあるが!

2016年6月16日 (木)

イチロー遂に金字塔に到達・追い越す・・・世紀の安打記録4,256本を更新


にほんブログ村

616日未明の試合で、マーリンズのイチローが遂にピート・ローズ氏が持つ世紀の安打数記録4,256本を日米通算で更新する金字塔に到達した。そして、一気に追い越し、4,257本に更新したのである。

この日、敵地サンディエゴ、ペトコパークで行われたパドレス戦に1番・ライトで先発出場したイチローは、第1打席、打ち損じでホームベース前に転がるボテボテの打球がラッキーな内野安打となり、日米通算4,256本目の安打を達成した。

そして、9回の第5打席目、カウント2-1からチェンジアップを捉えてライト線への痛烈な2塁打、クリーンヒットで新記録を樹立した。イチローは、2塁ベース上でヘルメットを脱ぎ、スタジアムを包んだ観客の大きな声援に応えた。

メジャーでの通算安打数は、2,979本となり、3,000本安打まで残り21本とした。前回のブログ (64日付) で記録への到達予測を述べていたが、安打数記録はその時の予測を大幅にペースアップし半月も早い達成となり、驚いている。

この分だと、メジャー通算3,000本安打達成の予測を8月末頃としていたが、大幅に早まり8月初旬頃になるのではないだろうか?予測が外れ早くなるのは、嬉しい方への外れであり、大いに歓迎するものである。

現在のイチローの状況は42歳とはとても思えぬ、走攻守に渡り はつらつとしたプレーを続けている。この分だと、後何年第一線で活躍出来るのだろうか?イチローはかねがね50歳まで現役を続行したいと言っているのであるが、これがまさに現実味を帯びてくる現在の状況である。

仮に、50歳まで現役を続けるとすると、残り8年プレーする事になる。少し控えめに計算し、60本/年 安打を打つと計算すると、480本積み上がる。今年の残り分、約40本を入れると、合計520本追加となる。捕らぬ狸の皮算用かもしれないが、この先とてつもない記録が待ち構えているような気がするのである。

即ち、日米通算安打数約4,800本、メジャー通算安打数約3,500本、と想像を絶する記録となる。現在の記録でも、おそらく100年は破られないと思うが、更に積み上がった記録となれば、200年位は破られないのでは?と想像するのである。

しかし、残念なことに私がここまで生きていて、イチローの記録を検証する事が出来る確率は非常に少ないことである。まだまだ続くイチローの安打製造街道、しばらくは夢を見させてくれる日々が続く事を願っている次第である。

2016年6月 9日 (木)

桝添知事疑惑・私はこう感じた・・・全ての業績・成果が水泡に帰す


にほんブログ村

東京都知事舛添要一氏の経歴は、東京大学法学部政治学科卒業、国際政治学者としてマスコミ等々で活躍後、参議院議員、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣、新党改革代表などを歴任、そして猪瀬直樹前知事の辞任後、東京都知事に選出されるという、華麗な経歴の持ち主である。

しかし、今回の政治資金 「公私混同」 疑惑により、桝添氏自身が持っていた本来の人間性という本質が暴かれることになった。それまでは、誰もが桝添氏がこんなに人間として 恥ずかしい、私利私欲に凝り固まったセコイ人間 であることすら気づかなかったのである。週刊誌、週刊文春のお陰である。

次から次へと暴かれる疑惑の数々、既に多くのマスコミで報じられているので、ここでは具体的なことについては述べない。東京都議会の追求から感じた事は、

1.質問に対し、まともには答えず、真摯に反省し今後の都政に 誠心誠意尽くします の一点張りである。強欲さとかプライドのみが目立って潔さが全く感じられない。 

2.今回の行動、それに対する第三者と称する弁護士に説明責任を “丸投げ” し自分では弁明しなかったことが、人の上に立つ 品格、才覚、人格、等々を全て失わせてしまった。

3.人間に取って、最も大切な事は何か? 頭が良い、IQが高い、高学歴、とかを言う前に、人間の本質として求められる人間性、即ち 倫理観、道徳心、が全く感じられない。欠けていると言う穏やかなものではなく、全くない。67歳となる現在、身につけようがない。頭の柔らかい小学生・低学年へ帰る事は出来ないのである。

4.そして今更、いくら弁明しようが、いくら良いことを言おうが、全て逃げ口上として取られてしまう。信用をなくしてしまった以上、誰も信じる人はいないのである。ましてや、東京五輪など任せられない。

5.まるで、江戸時代の悪代官である。公費 (庶民の血税) でせっせと私腹を肥やすことにのみ専念し、庶民の生活のことなど全く眼中にない。母子家庭で苦労している人々が多数いるのに見向きもしない。地震が起きようが、大雨が降ろうが、ほったらかしで湯河原別荘通いである。

6.まだ、東京都知事を辞めるとは言っていないが、信用を100%失墜してしまった以上、辞任せざるを得ないだろうと思う。辞める限りは少しでも早いほうが良い、そうでなければ信用失墜度が200%、300%、に膨らんでしまう。

7.人生、最後良ければ全てよしとなるのであるが、逆に最後悪ければそれまで行って来た業績とか成果が全て水泡に帰してしまう。 華麗な経歴も実績も、全て強欲の為 であったのかと否定されるのである。

8.残りの人生、どう過ごして行くのか?瀬戸内寂聴氏のもとにでも行って、仏門に帰依し、二度とこの世に姿を見せないで、悪行を落とすことに専念したらどうだろうか?

とまあ、率直に感じたのである。 石川島播磨重工業、東芝、の社長を歴任し、土光臨調でも辣腕を振るった、清貧な生活のシンボルである 「メザシの土光さん」 の爪の垢でも煎じて飲むべきである。

2016年6月 4日 (土)

42歳のイチロー走攻守に大活躍・・・世紀の記録目前に迫る


にほんブログ村

久々にイチローの話題を取り上げてみたい。年頭所感で、今年イチローに達成してほしいと願っていた 安打数世界記録4,256本 (日米通算で参考記録であるが)、メジャー通算安打数3,000本、これが、62日時点の成績から判断すると目前に迫って来ているのである。

今年、2ヶ月を過ぎた時点、62日の成績は、93打数、30安打、打率323厘、盗塁数3個、であり、私が想像していた以上に速いペースで記録に近づきつつある。安打数世界記録までは、残り13本、メジャー通算安打3,000本までは、残り35本と迫って来ている。

更に加えて、盗塁数が日米通算で700盗塁 (日本199、メジャー501) に達している。これを達成しているのは、メジャーでは10人、日本では福本豊氏のみである。

そして、見逃せないのが守備での活躍である。昨日のパイレール戦では、2回の守備で2死満塁の大ピンチで右中間への浅いライナーに華麗なスライディングキャッチ。そして4回の守備では、4番姜正浩の大飛球をフェンスぎりぎりで凄まじいジャンピングキャッチで長打を阻んだ。

まさに、42歳という年齢を全く感じさせない、走攻守での大車輪の活躍である。球団や地元番記者などは公式ツイッターで 「史上最高」、「時計を巻き戻した」 と絶賛していた。

当の本人は、「僕はどれも出来ないといけない選手だから、どれも気持ちいいですよ。どれかが出来ない選手がそれをやった時は、特別になるとおもいますがね。(でも)僕は全部やりますから。」と涼しい顔でコメントしているのである。

今年の10月で43歳になるイチローであるが、今の活躍振りを見ていると、年齢に関係なくまだまだ現役を続行することが可能であることを感じる。ただ、本人がいくら出来るといっても、どこかの球団が契約してくれないことには続行は叶わない。従い、続行するには今年活躍し、それだけの実力を示すことが求められる過酷な競争社会である。

本題に帰って、イチローの記録達成の予測であるが、順調に行けば安打数世界記録は、6月の終わりか、7月初め頃ではないかと推測する。そして、3000本安打は、8月末頃ではないかと思う。記録達成の鍵を握るのは、出場機会である。

イチローは、所属チーム マーリンズに於いて正外野手ではなく、4番手の外野手である為、毎試合必ず出場機会があるわけではなく、代打での起用がメインである。先発出場するのは、正外野手が故障した時、あるいは調子が悪いと時、等々に限られているためである。

イチローは、既にメジャーでも百年間は破られないだろうという記録を数々達成し、野球殿堂入り確実視されている 日本が誇る世界のスーパースターである。これから、更にいろいろな記録を更新し、達成して行くことが予想されるレジェンドである。

レジェンドという言葉が当てはまるのは、イチローが最も妥当であると感じる。他のスポーツで年齢が40歳を過ぎて遅くまで活躍している選手に対してもレジェンドという言葉が使用されているが、それには少し違和感を覚えるのである。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »