フォト
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の記事

2016年7月25日 (月)

黒田博樹投手 日米通算200勝達成 おめでとう!・・・適応力に感服した


にほんブログ村

723日、広島カープの黒田博樹投手がマツダスタジアムで行われた阪神17回戦で今季7勝目を挙げ、日米通算200勝を達成した。プロ入り20年目で日本121勝、大リーグ79勝での到達である。

日米で活躍し、通算で200勝以上を挙げたのは、野茂英雄氏に次ぐ2人目である。野茂は、日本78勝、大リーグ123勝、合計201勝、とこれまた前人未踏の大記録である。

二人に共通するのは、大リーグでの勝ち星が多いことである。大リーグでコンスタントに勝ち星を挙げる為には、ボールの球威に加えて、制球力が求められる。極端な表現をすれば、制球力が無ければ通用しない と言っても過言ではない。

大リーグに挑戦し、制球力に苦しんだのは、阪神タイガースからヤンキースへ入った井川慶投手である。鳴り物入りでヤンキースへ移籍したのであるが、5年間在籍して23敗で終わった。

同じくヤンキースへ入った伊良部秀輝投手も当初は、直球で押す力勝負で勝ち星を挙げていたのであるが、やはり制球力に苦しみ長続きすること無なく、大リーグ3球団を7年かけて渡り歩いたが、通算成績は3435敗で終わった。

平成の怪物と言われた松坂大輔投手、高校時代から150kmを越す速球を投げる豪腕で鳴らしてきた。1999年西武に入団、初年度から155kmを越す豪速球で勝利を積み重ね、西武在籍8年間に108勝を挙げた。

2007年ポスティングシステムによりボストン・レッドソックスに入団、最初の2年間は、速球主体のピッチングで勝利を積み重ね、33勝をマークした。所が、翌年から積年の負担が積み重なり、右肩の疲労、背中の張り、首の張り、等々の故障が出始めた。この結果、大リーグ在籍残りの6年間で23勝、大リーグ合計56勝で終わったのである。

2015年から日本へ帰って来たのであるが、未だ故障が癒えず登板出来ない状態である。今更、もう遅いのであるが、もう少し制球力をつけて変化球を適度に織り交ぜる省エネ投法をマスターしておれば、もっと長く投手生命を維持出来たのではないだろうか?と残念に思うのである。

一方、黒田博樹投手も日本時代は、直球の威力で勝負する豪腕であったが、米国へ渡ってから、いくら威力のある球でも力勝負を歓迎する米国の猛者相手には通用しない事を悟り、投球スタイルの変更を決断したのである。

そこで、黒田博樹投手がマスターしたのが、ムービングファストボール (真っすぐと同じくらいの速さながら急に変化する球種) と呼ばれるツーシーム、カットボール、等々である。これにより、バットの芯を微妙に外して打者を打ち取るのである。

そして、これらムービングファストボールを使ってコースギリギリを攻める、フロントドア、バックドア、という投法をマスターしたのである。これこそ制球力が無ければ投げることが出来ない投法である。

フロントドアとは、右投手が右打者を相手にする場合、体に当たりそうな内角ボールコースからストライクゾーンにスライドさせ (カットボールなど) ストライクを取る。左打者の場合、ツーシームやシンカーを体に当たりそうな内角に投げ、そこからストライクゾーンに曲げてストライクを取る。

バックドアとは、右投手が右打者を相手にする場合、外角のボールゾーンにツーシームを投げ、内側に曲げてストライクを取る。左打者の場合にはスライダー (カットボール) を外角ボールゾーンに投げ、そこからストライクゾーンに曲げる。

つまり、これは打者の意表を突く配球であるということになる。打者はフロントドアなら一瞬 「死球」 を覚悟させられ、バックドアなら、「ボール」 だと認識させられることになる。 この使い方ができるとさまざまなパターンで打者を幻惑することができる。

黒田博樹投手は、このドア系を自由自在に操る投手に変わったのである。この適応力こそが、41歳の今でも一線級の投手として通用する活躍を黒田博樹投手にさせているのである。

米国で7年活躍した後の2015年、ヤンキースから巨額のオファー21億円をもらっていたが、それを蹴って4億円でカープと契約、“カープへ恩返し” するために日本へ帰ってきたのである。

2015年はカープで118敗、2016年は現在75敗で進行中である。特にホーム球場である広島球場で200勝を達成出来たことは、感無量であったことだろうと推測する。

今年はカープ球団自体がダントツの強さを発揮し、現在2位に10ゲームの差をつけ首位を走っている。優勝は間違いない状況下にある。そして、その後のプレーオフ、日本シリーズとまだまだ黒田博樹投手の活躍する場は、これからやって来ると思っている。黒田博樹投手の一層の活躍を期待してやまない。

2016年7月17日 (日)

橘曙覧(たちばなのあけみ)・独楽吟・・・一服の清涼剤と感じた

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

716日、日経夕刊に載っていた文学周遊の記事から、江戸末期の歌人・国学者である橘曙覧(たちばなのあけみ・ 18121868) の「志濃夫廼舎(しのぶのや)歌集」に載っている、「たのしみは」で歌い出す「独楽吟」という52首の歌を知った。世知辛い世の中で一種の清涼剤と感じたのである。

2016年に入って、世界中でテロとか事件が頻発している、最近だけでも多数起きている。日本人も巻き込まれ他人事ではなくなって来ているのである。主な物を上げると、

2016313日、トルコ・アンカラ 爆発テロ事件、死者34人、負傷者125

2016322日、ベルギー・ブリュッセル 連続爆破テロ事件、死者32人、負傷者340

2016612日、米国・フロリダ州オーランド ナイトクラブでの銃乱射事件、死者50人、負傷者53

2016701日、バングラディシュ・ダッカ 人質テロ事件、日本人7名を含む死者23人、負傷者50名人

2016715日、フランス南部ニース トラック暴走テロ事件、死者84人、負傷者50

更に、事件ではないが、世の中に衝撃を与えた政治的な出来事、「桝添知事 疑惑事件」、「英国のEU離脱国民投票による離脱派の勝利」、「南シナ海 中国の主権を認めない 国際司法裁判所の判決」、「トルコ軍、一部反乱鎮圧、クーデター未遂」、等々が起きている。

世界中に混乱、恐怖を巻き起こすような事件、出来事が頻発し、人々の心の中を攪乱、騒然とさせている現実がある中、一服の清涼剤と感じたのが、冒頭に述べた橘曙覧による独楽吟である。

年取って、外に出かけない日には、昼食後必ず30分~1時間 昼寝をするようになった。ちょうど、この習性に合わせた歌で、なんとなくほのぼのと安らぎを与えてくれたのが次の句である。

たのしみは  昼寝せしまに  庭ぬらし  ふりたる雨を  さめてしる時

そして、午後4時頃から約1時間位 散歩するのも現在の日課である。出来るだけ 舗装のしてない地道・池の土手の草道・川沿いの木の根道、等々を好んで歩いている。これにちなんで浮かんだのが次の句である。

たのしみは  意(こころ)にかなふ  山水の  あたりしづかに  見てありくとき

1994年、天皇皇后両陛下の訪米時、クリントン大統領 (当時) はスピーチに 橘曙覧 の次の句を引用したのである。

たのしみは  朝おきいでて  昨日まで  無かりし花の  咲ける見る時

その他では、何気ない日々の積み重ねの中に発見する小さな感動を歌った句々である。

たのしみは  庭にうゑたる  春秋の花  のさかりに  あへる時々

たのしみは  心にうかぶ  はかなごと  思いつゞけて  煙草(たばこ)すふとき

たのしみは  妻子(めこ)むつまじく  うちつどひ  頭(かしら)ならべて  物をくふ時

等々の句が、世間の出来事に日々憤りを感じている私の心に安らぎを与えてくれると感じたのである。

2016年7月12日 (火)

参議院選挙についての感想・・・満足に近い結果となった


にほんブログ村

710日、第24回参院選の投開票が行われた。自民党、公明党、を合わせた与党は改選議席の過半数である61議席を大きく上回り67議席を獲得し勝利した。自民党は改選前の議席を+6、公明党は改選前の議席を+5、民進党は改選前の議席を-13、共産党は改選前の議席を+3、おおさか維新の会は改選前の議席を+5、という結果であった。

最も注目したのは、おおさか維新の会である。改選前は、選挙区では議席が0、比例区で2議席であったが、選挙区で3議席、比例区で4議席獲得したことである。もともと大阪を中心として地域政党であり、そんなに多くの議席が取れるとは思っていなかったが、大健闘したと評価している。

特に、大阪に於いては、昨年暮れの知事選、市長選で大勝した実績があり、今回もかなり健闘するだろうと予想していた。大阪選挙区定員4のところ、2つをとる結果となった。民進党の現職議員、共産党の新人を破っての2議席の獲得であり評価出来る内容であった。

そして、比例でも4つの議席を獲得したことである。これによりトータルの議席獲得数は、7つとなり共産党の6つを越えたことである。全国展開をする共産党を越すことは並大抵ではないだろうと想像していただけに驚きでもあった。

もともと私は、おおさか維新の会の綱領とか方針を指示していた。特に、大阪で実施した、定数削減、歳費の削減、等々「身を切る改革」 に加えて、一極集中から多極分散へ転換するための統治機構改革を訴えていたからである。

地方創世を成し遂げるためには、道州制等の導入による一極集中打破が是非とも必要、というのが私の持論である。まず先鞭として大阪を副首都とする二極体制を構築し、逐次拡げて行き、最終的には道州制にして行くことが必要であると考えるからである。

この多極分散体制を進める手順として、今後は おおさか維新の会 という地域政党表示ではなく、おおさかの文字を外して 「維新の党」 とするところからスタートし、4人区以上の選挙区にも維新の勢力を拡げる。即ち、東京、神奈川、愛知、へまず拡げ、そして次に3人区へ拡げて行くことである。

今回の選挙では、維新の生みの親であった前党首・橋下徹氏なしで戦ってきたのであるが、現党首の松井一朗氏の言を借りると、カリスマ的リーダーであった橋下徹氏なしでの戦いは、非常にきつかったとのことであった。

今後、維新の勢力を拡大して行く為には、稀代のカリスマリーダー橋下徹氏の力は是非必要である。そうでないと党勢の拡大には、非常に時間がかかるのではないだろうか?と感じるのである。是非戻って来てほしいと願うのである。

統治機構改革を行って行くためには、憲法改正が必要である。従い、維新の会は改憲勢力の一翼であるが、憲法9条の改憲には慎重な立場を取っている。

しかし、東アジアの現状をみると、無法国家 (中国、北朝鮮) により日本の安全は日々脅かされている、これに適切に対処して行く為には、平和憲法を逸脱しない範囲で憲法9条の改正も必要ではないだろうか?これから十分に議論をしてもらいたいと望むものである。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »