フォト
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月13日 (木)

米国シリア政権軍攻撃・どう見るのか・・・根本的なシリア問題解決が必要だ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

47日(金)、米国トランプ政権によるシリア・アサド政権軍へ巡航ミサイル 「トマホーク」 による攻撃が行われた。アサド政権が敵対する反政府勢力に対して化学兵器を使用したことに対する牽制であり、これ以上化学兵器を使用させないように戒めでもあった。

2011年シリア内線が始まって以降、米国は反体制派を指示して来たが、アサド政権による化学兵器使用の疑惑が幾度か浮上して来たにも拘わらず、オバマ政権は軍事介入を見送り、ロシアなどとの和平協議に軸足を置いていた。今回、軍事介入することにより、オバマ前政権の政策を転換したのである。

アサド政権による化学兵器使用の疑惑が持ち上がっても、国連での討議では、常任理事国の足並みがそろうことがなく、適切な対応を打ち出すことは出来ないのが現状である。

無力な国連の対応を見て、西側諸国 (英国、フランス、ドイツ、日本) は米国のミサイル攻撃を支持している。特に、欧州諸国はシリアの難民問題で困っているので、シリア内戦を早く終わらせる事が喫緊の課題である。

シリア内戦は、「アラブの春」 と言われる201012月に、チュニジアで発生した反政府デモを発端に、アラブの大多数の国に伝搬した大規模抗議デモや反政府集会が始まりである。

20111月には、チュニジアのベンアリ政権が倒れた (ジャスミン革命)、同年2月にエジプトのムバラク政権、同年8月にリビアのカダフィー政権、同年11月にイエメンのサレハ政権が倒れるなど、アラブ地域の長期独裁政権が相次ぎ崩壊して行った。

一方、民主化要求を受け入れた、バーレーン、ヨルダン、モロッコ、等々の国では、憲法改正が実現、国民向けの補助金支給、閣僚入れ替え、選挙権拡大などの改革を実施した国もある。

しかし、シリアではアサド独裁政権と反政府勢力との間で、2011315日内戦が起き、その後現在までの約6年間継続している。この間に、500万人を越す難民が発生し、国土は荒廃・荒れ放題となっている。発生した難民の多くは欧州諸国へ流れ込み、欧州諸国の負担となっている。

米国や欧州諸国は、アサド独裁政権の崩壊や民主化を支持しているが、アサド政権に対する国際制裁ではロシアと中国が反対するなど、国際社会の対応は一枚岩となっていない。

特に、ロシアはアサド政権を公然と支援し続けている。アサド政権はロシアのお得意さまであり、ロシアから戦闘機をはじめとする軍需物資を調達しているのである。もう一つ、イランがアサド政権を支えている。これはイスラム教シーア派という繋がりから来ているのである。

従い、今回の米国のミサイル攻撃に対して、ロシアとイランの 「合同指令センター」 は声明を発表し、米国は 「レッドライン(越えてはならない一線)」 を越えたと批判し、いかなる新たな攻撃にも対応する意思を示している。

声明では更に、米国の攻撃はシリア全土の 「解放」 を目指すロシアとイランの兵力を抑えることはできないと主張し、ロシアとイランが改めてアサド政権の存続に向け連帯を示しているのである。

シリア内戦には、20146月よりIS (イスラミック・ステート) も加わり、いわゆる三つどもえの戦いになり複雑さが増している。米国による一回の軍事介入そこらで解決するような単純な状況ではないのである。

しからばどうすれば良いのだろうか?シリア内戦にロシアの介入を止めさせることが一番の特効薬であると思っている。しかし、これは最も複雑でやっかいな問題でもある。欧州とロシアの対立、米国とロシアの対立、等々が絡み合う問題でもあり、一筋縄では解決しようがない。

トランプ政権・ティラーソン国務長官は、まずここから問題解決を始めようとしているようであるが道筋は正しくても、おいそれと 「はい、そうですか」 と片づくようには到底思えないのである。

長年に渡って続く内戦により、国土は荒廃し、民衆は路頭に迷うような状況下でありながら、何故アサド大統領は独裁継続をしようとするのだろうか?理解に苦しむのである。アラーの神に解決を願うより方法がないのだろうか?

2017年4月 3日 (月)

第89回選抜高校野球大会の感想・・・全く予想していない結果であった


にほんブログ村

41日(土)、第89回選抜高校野球大会が終了した。結果は、全く予想していなかった史上初の大阪勢同士の対決、大阪桐蔭VS履正社の対戦となり、大阪桐蔭が履正社を 8-3 で下して5年ぶり2度目の優勝を果たした。

89回選抜高校野球大会が始まる前に、毎日新聞の販売店から、組み合わせトーナメント表をもらった。横長のトーナメント表である。

これを見た時、大阪勢は1回戦トーナメント表の左端、即ち第1日目の第2試合に履正社が日大三校と対戦、そして右端の第6日目の第1試合に大阪桐蔭が宇部鴻城と対戦する組み合わせとなっていた。決勝戦までは同じ都道府県勢同士は対戦しない組み合わせとなっていた。

昨年の秋、第47回明治神宮野球大会・高校の部で履正社は早稲田実業と決勝で対戦し 11-6 で早稲田実業を破り優勝していた。

この事から、履正社は順調に行けば、準々決勝、準決勝、当たりまでは勝ち上がるのではないだろうかと思っていた。一方、大阪桐蔭側の組み合わせには、未曾有の強打者と評されている清宮幸太郎がいる早稲田実業が入っていて、順調に行けば、準々決勝で大阪桐蔭VS早稲田実業の対戦になるだろうと推測していた。

所が、早稲田実業は2回戦で東海大福岡に敗れ準々決勝に進む事が出来なかった。大阪桐蔭は準々決勝で早稲田実業を破った東海大福岡との対戦になり、4-2 で下し、準決勝へ進むことになった。

一方、履正社は準々決勝まで順調に進み、準々決勝で盛岡大付属と当たり、8-1 の大差で盛岡大付属を破り準決勝へ駒を進めた。

準決勝は、履正社VS報徳学園、大阪桐蔭VS秀岳館、という関西勢3校と九州・熊本1校の組み合わせとなった。まだこの時点でも、履正社と大阪桐蔭が勝ち上がって決勝戦は大阪勢同士の戦いになるとは想像出来なかった。それだけ、報徳学園、秀岳館、は良い試合の流れで勝ち進んで来ていたのである。

準決勝の第1試合、履正社VS報徳学園の試合は8回終了まで、報徳学園が 3-2 でリードして9回を迎えた。1点を追う履正社は、9回に一挙4点を挙げ、その裏を1点に抑え、逆転勝ちをした。

準決勝の第2試合、大阪桐蔭VS秀岳館の試合は僅差の接戦になり、大阪桐蔭が 2-1 で勝利した。準決勝の2試合が終わるまで、大阪勢同士の決勝になるとは想像していなかったが、結果的にまさかの大阪勢同士の決勝戦になってしまったのである。

大阪勢同士の決勝戦は、どちらかというと大阪桐蔭に勝ってほしいと願った。というのは単純な理由で、かつて私が勤めていた会社のある大東市に高校があるからである。

決勝戦は、8回表まで大阪桐蔭がソロホームラン3発で 3-0 でリードして進んだが、8回裏 履正社は一挙3点を挙げ同点に追いついた。9回の表 大阪桐蔭はエース徳山に代わる代打西島が左翼へ決勝2ランをたたき込んだ。この一降りを呼び水に更に3点を追加し、一挙5点を挙げ一気に試合の流れを決めてしまったのである。

大阪勢同士の決勝戦を勝ち抜いた大阪桐蔭は、5年ぶり2度目の優勝を果たした。一方、3年ぶりに決勝に進んだ履正社は、春夏を通じての初優勝を逃したのである。

大阪桐蔭、履正社、この2校の戦いは、春は決着したのであるが、引き続き夏の大会がまたすぐにやって来る。大阪大会の予選でひょっとするとまた対戦することになるかもしれない。夏は、大阪代表は1校であるので、否が応でも予選で決着を着けなければならない。両校とも切磋琢磨し、夏の戦いでも良い試合を見せて欲しいと願うものである。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »