フォト
無料ブログはココログ

« 注目の米朝会談が行われた・・・非核化と平和体制構築は実現するのだろうか? | トップページ | 3年振りに故郷・奥出雲・横田へ帰る・・・3年も帰らなかったのは初めてである »

2018年6月20日 (水)

2018年最も期待するスポーツ・W杯日本初戦についての感想


にほんブログ村

2018619日、第21W杯ロシア大会 日本の初戦 対 コロンビア戦が行われた。会場であるサランスクはまるでコロンビアのホームゲームであるかの如く7割方黄色のサポーターで埋まっていた。

FIFAランク16位のコロンビアが如何にW杯に期待を寄せているかが分かると言う思いでテレビを見ていた。日本の放送関係者が街で試合前の状況を説明していると必ずコロンビアのサポーターが寄って来て顔を出すと言う現象も見られる程であった。日本のサポーターが逆に少なすぎて応援が足りないのではと言う感を抱かされた。

コロンビアは前回のブラジルW杯(2014年)で戦った相手で、この時は1 4で大敗を喫している。そして、今年の3月テストマッチでフランスに逆転勝ちをするほど実力を持っているチームであり、今回も容易な相手ではなく、まともにぶつかっていては勝てないだろうと推測していた。

サッカーの試合でおもしろいのは、実力が下であると言われるチームが時として番狂わせを行い上位チームを破ることである。今回もF組のFIFAランク1位のドイツが、15位のメキシコに敗れると言う番狂わせが起きているのである。

試合が始まる前には、どうせ何か異変と言えるような事が起きない限り、勝てない相手であるだろうと思っていた。試合の途中で大差がつくようであれば、見るのを止めてテャンネルを切り替えようと思っていた。

所が、試合開始3分に異変が起きたのである。FWの大迫がするすると抜けだし、シュートを打つと相手GKがはじき、こぼれ球を拾った香川がシュートすると相手デフェンダーの右腕に当たった。

これがハンドの判定・レッドカードとなり一発退場になった。そして、香川はPKを獲得、香川はこれを無難に流し込み、日本は難なく先制点を得たのである。

日本にとってはこれ以上ない予想外の良い始まりとなった。即ち、1点の先制点を上げた上に、相手は1名少ない人数で戦うことになったのである。1名多いのと少ないのでは、試合の流れが大きく変わるだろうと見ていた。

数的に不利になったコロンビアは、それでも懸命の反撃を試み、前半1点を返し、同点のまま後半へ入って行った。後半に入ると、日本は徐々に数的有利さを生かして攻撃にリズムが出始めて来た。

後半73分、香川に替わり本田が投入されると、CKのチャンスが回って来て本田がキッカーとなった。本田のCKに合わせて大迫が頭で押し込み勝ち越し点を上げた。

その後は、体をはって相手のパスを摘み取り、1点差を守り切り逃げ切った。2大会ぶりの初戦白星発進となった。次戦は、セネガル戦である。セネガルも第1試合で上位チームポーランドを破る殊勲の星を上げているので油断のならない強敵である。

セネガルは、FIFAランク28位のチームであり、日本の60位からするとかなり上のチームである。FIFAのランクが大きく差があるからと言って恐れることはない。今回のコロンビア戦同様に頑張って予選リーグを何とか突破して欲しいと願っている。

今回、日本がコロンビアを破った事によって、日本はアジアのチームとしてW杯で初めて南米チームを破ったチームとなったので歴史的快挙とも言えるのである。

南米のチームは、コロンビアに限らずどのチームを取っても手強い相手であり、今後予選突破でもするのであれば、当たる可能性なきにしもあらずと思っている。ここまで行ければの話であるが!

« 注目の米朝会談が行われた・・・非核化と平和体制構築は実現するのだろうか? | トップページ | 3年振りに故郷・奥出雲・横田へ帰る・・・3年も帰らなかったのは初めてである »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1823298/73717672

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年最も期待するスポーツ・W杯日本初戦についての感想:

« 注目の米朝会談が行われた・・・非核化と平和体制構築は実現するのだろうか? | トップページ | 3年振りに故郷・奥出雲・横田へ帰る・・・3年も帰らなかったのは初めてである »