フォト
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の記事

2018年10月22日 (月)

ホームページサービス終了の案内を受け取る・・・どう対処しようかと悩みました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018101日、私のホームページサービスを行ってくれているYahoo!ジオシティーズからサービスを終了する旨の連絡を受け取りました。その詳細は、以下の通りです。

「本メールはYahoo!ジオシティーズでホームページを開設されているお客様への重要なご案内です。

誠に勝手ながら、2019331日をもってYahoo!ジオシティーズのサービスを終了することにいたしました。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

Yahoo!ジオシティーズのサービス終了までに他社のサービスへ移行すると、引き続きホームページを公開していただけます。サービス終了までに他社のホームページサービスに移行されなかった場合は、201941日以降公開されているホームページが表示されなくなります。

そして、202041日(サービス終了より1年後)に、Yahoo!ジオシティーズに保存している全てのデータが削除されます。長い間、Yahoo!ジオシティーズのご愛顧いただき、誠にありがとうございました。サービシ終了まで引き続きよろしくお願いいたします。」

このメールを受け取り、どう対処しようかと悩みました。対処方法としては、以下の案を考えました。

1. 他社のサービスへ移行するが、移行作業は全て自分で行い、引き続き公開を続ける。

2. 他社のサービスへ移行するが、移行作業は有料で全て先方にやってもらい、引き続き公開を続ける。

3. 他社のサービスへ移行は行わず、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了と同時に私のホームページも終了する。

1案の場合、移行作業を行わなければなりませんが、大変な作業になることが予想されます。と言うのは、私のホームページは現在膨大なファイルとメモリーを使用しています。ファイル数は、約5,000ファイル、メモリー使用量は、約360Mバイトです。移行が簡単に出来るのかどうか?やって見なければ想像がつきません。

2案の場合、移行先のプロに頼むのであり、何の心配もいらず移行が出来る。しかし、移行後ホームページの更新(メンテナンス)を行うに当たり、更新作業をどのように行うのかと言う情報を自分のものとしてマスター出来るのか疑問である。

そして、私のホームページは営利を目的として作ったものではなく、あくまでも趣味の範囲のものであり、金を払ってまで更新を行うことは、当初私が考えていた趣旨に反する。

3案の場合、私も来月で後期高齢者の仲間入りをする年齢であり、来年の3月までホームページを継続して、その後は終了するのも良いのかな!とも思ったりしています。

最終的に決断したのは、ジオシティーズのサービス終了までまだかなりの時間があること、私自身も今特別に何かを行っていると言うのではなくフリーであること、等々を考慮し自分で移行にチャレンジする1案を選択しました。

早速、1010日に移行先を決め申し込みしました。選んだ移行先は、「ロリポップ!レンタルサーバー」です。ホームページを開設し、パスワードを登録しました。これにより移行先の サイトアドレス(移行先のURL)、アカウント、FTPサーバー名、等々必要な情報を入手しました。

ここからジオシティーズの移行ガイドに従って作業が始まります。FTPソフトを使ってジオシティーズにある全てのファイルを自分の端末にダウンロードします。所が、通常のFTPソフトでは、一度にダウンロード・アップロード出来るファイル数が20個程度であり、ファイル数が多いときはFFFTP(大量のファイルのダウンロード・アップロードが可能)ソフトを使用しなければならないことに気づきました。

早速、無料で取得出来るFFFTPソフトを私のパソコンにダウンロードしました。FFFTPソフトの仕様・使い方を理解し正しく利用出来るようになるまで、試行錯誤、問い合わせ、等々を繰り返しで23日かかりました。

そして、何とか現在ジオシティーズにある私のホームページのデータを私のパソコンのフォルダーにダウンロードすることが出来ました。約5,000ファイルあるデータをダウンロードするのにこれまた23日かかりました。

次は、ダウロードして私のパソコンの中にあるファイルを移行先のサーバーの私のアドレスへアップロードすることです。ここでもFFFTPソフトを使用してアップロードする訳ですが、いっぺんに多くのファイルをアップロドードしようと思って試みても、約2050ファイル位アップロードしたところでエラーとなってストップしてしまいます。

アップロードが終わったファイルの次のところから、その続きのファイルをアップロードすると言う手順を繰り返し行い乍ら、作業を継続しました。ここでもアップロード終了まで23日要しました。

全てのデータのアップロードが終わったので、ブラウザで確認しようと思ってサイトのURLにアクセスしても私のホームページは表示されず、コメントとして次の表示が出ました。「ホームページのトップページとなるindex.htmlと言うファイルが見当たりません。」

そこで、ダウンロードしたファイルの内容をチェックしたところ、index.htmlというファイルを含んだフォルダーを誤って消去していました。再度、このフォルダーをダウンロードし、アップロードしました。そして、再度ブラウザで確認したところ、見事に私にホームページがロリポップ!のサーバーで表示されました。

新しいURLで表示されたと言うことは、移行作業が出来た(完了)と言うことです。この瞬間、パソコンの前で万歳!を2~3度繰り返しました。誰も見ていない中で何か達成感のようなものを感じたからです。

自分で移行作業をやろうと決めてから終了まで11日間要しました。途中、何度も果たして上手く行くのかな!と感じながらの作業継続でした。この11日間は毎日パソコンの前に34時間座りっぱなしであり、良く根気が続いたな!と自分で自分に感心しています。

11年前にホームページの作成を始めましたが、この頃はまだ若かったのでパソコンの前に何時間座っていようがあまり苦に感じませんでした。今は、長時間の作業は体に堪えるので行わないようにしています。

再度、このような問題が発生したときには、ホームページの継続を終了しようと思った次第です。

2018年10月 3日 (水)

東海道五十三次・伊勢参り完歩チャレンジキャンペーン・・・参加しスタートした

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018101日、洋友会大東地区に於いて、東海道五十三次・伊勢参り完歩チャレンジキャンペーンと銘打って 歩数計を使って健康づくり をしようという催しがスタートした。

洋友会は今春設立30周年を迎え、記念品として全員に歩数計が配られた。大東地区では、その具体的な活用策として「東海道五十三次・伊勢参りを完歩しよう」というチャレンジキャンペーン が企画され、101日よりスタートした。

コースとしては、<東海道五十三次コース> 「上級」 「中級」 「初級」 の3コースより選択、<伊勢参りコース> 伊勢街道 (玉造稲荷神社から伊勢神宮内宮まで) の合計4つのコースが設定され、自分に合ったコースをどれか選んでチャレンジするものである。

<東海道五十三次コース> 「上級」 は一日10,000歩、「中級」 は一日7,500歩、「初級」 は一日5,000歩、<伊勢参りコース> は一日2,500歩、をそれぞれ基準歩数としてカウントして目標達成にチャレンジするものである。

一日10,000歩の歩行距離は6.0km、7,500歩の歩行距離は4.5km、5,000歩の歩行距離は3.0km、2,500歩の歩行距離は1.5kmとして計算して必要最低日数を割り出し、チャレンジ目標を設定するものである。

「上級」コースで<東海道五十三次>を完歩する必要最低日数は83日、「中級」コースで完歩する必要最低日数は111日、「初級」コースで完歩する必要最低日数は166日、<伊勢参り>コースで完歩する必要最低日数は113日、である。

それぞれのチャレンジ期間は、「上級」コース90日(3ヶ月)、「中級」コース120日(4ヶ月)、「初級」コース150日(5ヶ月)、<伊勢参り>コース120日(4ヶ月)、とする。

いずれのコースも101日に一斉スタートし、終了目標月を 「上級」 は201812月末、「中級」 は20191月末、「初級」 は20192月末、<伊勢参り>は20191月末、とする。

具体的な取り組みとしては、9月中旬 会員にハガキを送付し、自分に合ったコースを選択してもらい、投函する形で事務局へ申告する。

そして、パソコン・エクセルで作成された、月別日別歩数記入用紙が準備されていて、日々の歩数記録を記入すると自動的に計算される仕組みとなっている。

終了報告は目標終了し次第に必要事項を記入し、FAXEメール、郵送、のいずれかで報告する。目標を達成していなくても、終了目標月が来たら結果をまとめ、終了報告日 (日程厳守) までに報告する。

私は昨年4月に脚に異変が起こり、一時歩行がひどく困難な状態になりました。すぐに整形外科へ行き診断してもらった所、軽い脊柱管狭窄症と診断され、その後は医者の指示に従い、ストレッチ、筋トレ、歩行訓練、を行って来ました。

3ヶ月後の7月には何とか歩けるようになり、カラオケの例会等に参加し始めました。現在も、これを続けていて、少しずつ歩行距離を伸ばして来ています。

通常の歩数計 (洋友会配布の物ではなく) で家の中で生活するために歩く距離をも含めた一日の歩数は、約6,500歩~7,500歩です。

洋友会配布の歩数計は、きちっと歩いた分のみをカウントするので、通常の歩数計でカウントした値と比較すると約2,000歩位差がでます。従い、私の現在の歩行実力は一日5,000歩位ではないだろうかと推測し、<東海道五十三次コース>「初級」で申請 (一日5,000歩コース) しました。

事務局が手間暇かけて準備してくれた、健康づくりのチャレンジキャンペーンであり、目標達成に応えて行こうと思っています。自分の体調とも相談しながらあまり無理せずにこつこつと努力して行く良い機会であると感謝しています。さあ頑張ってやって行こう!

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »