フォト
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の記事

2019年1月20日 (日)

第72代横綱“稀勢の里”引退・・・今後の相撲界はどうなって行くのだろうか?


にほんブログ村

113日に開幕した大相撲初場所、稀勢の里に関して年頭所感で心配していたこと(途中休場と引退)が現実となってしまった。場所前の稽古で、先場所優勝の貴景勝を相手にいい相撲(81敗)を取っていたことと、本人の初場所にかける意気込みからして、初場所は何とかそれなりの成績で乗りきれるのではないだろうかと思っていた。

所が、豈(あに)図らんやまさかの初日からの3連敗、「アーウー!」と声高にため息をつかざるを得ない結果となってしまった。稽古場で生かせていたことが、本場所になると何故出来ないのだろうか?ため息ばかりである。

これは解説者“舞の海秀平”氏の見方であるが、今場所3日間の相撲を見ると、脚の筋力がかなり衰えていて、ちょっといなされると足がついて行かない、踏ん張れる力が出てこない、と言うことでまるっきり残せる相撲が取れなくなっているとの解説である。なるほどそうかと言われると納得せざるを得ない。

2017年春場所に痛めた左大胸筋の回復が遅れ、満足な稽古が出来ないまま夏場所、名古屋場所に臨み、負が込み途中休場。秋場所は初土俵以来自身初の全休で回復に努め、九州場所に出場したが金星5個を配給し46敗のまま途中休場となり2017年が終了。

続く2018年の初場所15敗で途中休場、その後3場所全休し回復に努める。そして、迎えた秋場所では105敗の成績を残しひとまず引退の危機を脱出した。所が、九州場所05敗のまま途中休場、場所後の横綱審議会で「激励」の言葉(決議)をもらった。

迎えた2019年初場所、もう後には引けない剣が峰に立たされた状態での出場となったが、結果はご存知の通りである。横綱と言う地位を考えると足掛け2年間にわたって不本意な土俵が続いたがファンの方がよく辛抱して稀勢の里の復帰を待ち望み期待してくれた。

しかし、過去の経過を踏まえるとこれ以上稀勢の里に期待をかけるのは酷である。引退と言う判断はやむを得ないと素直に受け入れたいと思うのである。今後は、親方「荒磯」として相撲界に貢献して行ってもらいたい。

しからば、稀勢の里が引退したあとの相撲界はどうなって行くのだろうか?今後の展望について言及してみたい。

横綱鶴竜であるが、稀勢の里が引退した翌日の相撲に敗れて23敗となり、右足首の痛みで休場した。昨年11月の九州場所でも右足首の故障で全休しており、これで2場所連続12度目、横綱としては在位29場所で11度目となる。

鶴竜もすでに年齢は33歳でピークを過ぎており、来場所以降の結果により何時引退に追い込まれてもおかしくない状況である。

もう一人の横綱白鵬であるが、白鵬もすでに33歳、3月の春場所を迎えると34歳になる。今場所の相撲を見るとここまで7戦全勝で来ているが、内容は盤石の勝利に程遠いお粗末なもので既に3敗位していてもおかしくないと言う内容である。

白鵬も昨年は故障がちで、途中休場2回、全休2回、まともに場所を努められたのは2場所のみである。大横綱と称される白鵬もすでに全盛期を過ぎていて、過去の遺産(相撲の勝ち方を知っている)でかろうじて凌いで来ている状況である。

白鵬自身としては、東京オリンピックまではなんとか横綱と言う地位を維持したい気持ちであるが、果たして今年いっぱいまともに場所を務めることが出来るのかどうか?危ぶまれるのである。

次に、大関陣について見ると、栃ノ心、豪栄道、高安、いずれも大関と言う相撲ではなく、かろうじて勝利ばかりで不甲斐なさと感じる。これから横綱に向かって進もうとする大関と言う伸び代は全く感じられない。

近い将来(今年から来年にかけて)、現在の横綱・大関陣がそろって引退あるいは地位陥落が起こり、世代交代が進むのではないだろうかと思っている。

新しく大関・横綱になることが期待される若手は、まだ充分に育って来てはいなく、当分群雄割拠の戦国時代が続くのではないだろうか?と言うのが私の見方である。

2019年1月 5日 (土)

ホームページ移転のご案内・・・ブックマーク変更をお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨年、101日にYahoo!ジオシティーズよりホームページサービスを2019331日でもって終了する旨の連絡を受けました。これに対処するため、他社のサービスへ移転することに決定致しました。

移転先は、ロリポップ!レンタルサーバーです。新しいアドレスも決まり、移転作業も無事終了しました。そして、約2ヶ月間の検証期間を設けテストトライアルを行った結果OKとなりましたので、Yahoo!ジオシティーズに対して正式に移転先を連絡致しました。

これにより、従来のYahoo!ジオシティーズで使用していたアドレスは使用出来なくなりました。従来のアドレスにアクセスすると、次に示すような案内で出て来ます。

19_01_05_hp_3 2019331日迄は従来のアドレス(旧のアドレス)にアクセスすると、Yahoo!ジオシティーズの方で自動的に転送してくれます。しかし、331日以降はやってくれなくなります。

従い、ここで新旧のアドレスを連絡致しますので、最終的にはこのアドレスを使用してホームページへの接続をお願い致します。アドレスをクリックすると繋がります。

                従来のアドレスは、     http://www.geocities.jp/sndrs245/ 

                新しいアドレスは、     http://asym-okizm.site/  

となります。以上宜しくお願い申し上げます。

2019年1月 1日 (火)

2019年 年頭所感

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

新年明けましておめでとうございます。 2019年(己亥・・つちのとい・・)が皆様にとって良い年になることをお祈申し上げます。 今年も、このブログご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申しあげます。

2008年にスタートしたこのブログも昨年末で11年が経過し、訪問者の数も62,400件を越すに至りました。これもひとえに皆様方のご支持・ご支援のお陰であると感謝致しております。

個人的な事ですが、2019年は数え年の77歳、即ち 「喜寿」 となりました。2019611日~12「喜寿記念同窓会」が玉造温泉・国際観光ホテルで開催されます。体調を整え、元気で出席したいと思っています。

20145月、心筋梗塞に罹り入院した時には、喜寿まではたどり着けないだろうと思っていました。心筋梗塞で入院中に詠んだ短歌10首ありましたが、そのうちの一つに次の句がありました。

「人生の 次の一里塚 喜寿と 東京オリンピック 道のり遠し」、所が遠かった道のりを何とか乗り越えて数え年であるが、喜寿までたどり着くことが出来ました。来年は、満77歳となると同時に東京オリンピックを迎えます。

とうてい、到達不可能であろうと思っていたことが、目の前に近づいて来ました。これも並々ならぬ健康に対する努力の結果 (生活習慣の変更) だろう と自分自身に驚き・感謝しています。

昨年は、個人的には私が参加している複数の会が 節目の年を迎える当たり年 でした。最初に、洋友会 (三洋電機OBの会)20187月に30周年 を迎えました。これについては、このブログで振り返っていますので参照頂ければと思います。以下の文字をクリックすると繋がります。

洋友会30周年についての雑感・・・過去を振り帰って見た

二つ目は、関西稲陵会 (高校の関西地区OB会)20189月に60周年 を迎えました。これについてもこのブログで振り返っていますので参照頂ければと思います。以下の文字をクリックすると繋がります。

関西稲陵会・創立60周年記念総会・に参加した雑感

三つ目は、関西奥出雲会 (ふるさと奥出雲町と関西の都市との交流会) 201811月に10周年 を迎えました。これについてはブログで振り返っていませんが、ホームページに過去の記録を載せていますので参照頂ければと思います。以下の文字をクリックすると繋がります。

                 関西奥出雲会ホームページ

私が参加しているこれらの諸活動については、今年もしっかり責任と役割分担を果たし、活動が盛り上がるように頑張って行きたいと思っています。関係される方々のご支援、ご協力お願い申し上げます。

一方、政治的な動きについて昨年を振り返って見ると、国際協調やグローバリズムに代わって、アメリカ・ファースト、英国の欧州連合離脱(BREZIT)、中国の一帯一路(途上国を借金漬けして全てを奪う帝国主義的行動)、等々に象徴される「一国至上主義」が大いに勢力を伸ばした年でした。

この結果、世界貿易数量の停滞と世界景気の同時後退が出始めています。更に、BREZITによるEU域内外の混乱や経済停滞も予想されます。途上国を借金漬けにし、身ぐるみを剥ぐやり方は、当該国や地域の経済成長を阻害し始めています。

今年は、628日~29日にかけて大阪でG20が開催されます。初めて日本が議長国を務める史上最大規模のサミットになります。議長国を務める日本としては、日本主導で国際政策協調を再構築し、一国至上主義を打破するようにリードして行って欲しいものであると思っています。

ここで話変わりますが、現在の天皇が2019430日で退位され平成時代が終わります。平成天皇であった明仁天皇陛下におかれましては、その大役を無事・無難に果たされ引退なされること、誠にご慶賀に堪えません。これからも元気で自分の人生を楽しんで行ってもらいたいと思っています。

新しく天皇に即位される皇太子・徳仁親王は59歳での即位となります。格別若いと言う年齢での即位ではなく、皇太子時代いろいろ経験を積まれ、油の乗りきった年齢での即位であり、今上天皇と同様に長い年月を無事・無難に歩まれる事を望むものであります。

最後に、今年もスポーツの話題について適時コメントをして行きたいと思っています。113日から始まる大相撲1月場所、横綱稀勢の里に取っては進退をかける場所となります。今度こそ途中休場となると、即引退につながります。そうならないように頑張って努めて頂き、今年中に横綱としてもう一花咲かせてもらいたいと思っています。

今年もこのブログ適時更新して行きますので、ご指導・ご意見等々、遠慮なく記述頂ければと思っています。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »