フォト
無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の記事

2020年6月21日 (日)

新型コロナウイルスでストップしていたイベントが再開・・・何よりも野球の再開がうれしい

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2月の中旬よりストップしていた各種イベント及び経済活動・国内移動が解除された。新型コロナウイルスの第一波が完全に収束した分けではないが、ある程度収まったところで経済活動を回復させないと日本の経済が持たなくなってしまうと言う観点からの解除である。

しかし、実際には全国で毎日50~60人程度の感染者が出ている。東京圏で40~50人程度、関西圏で4~5人程度、北海道・北九州を含むその他で5~6人程度である。

これらの感染者は、夜の接待をする歓楽街で主に発生している。従い、今すぐ第二波に繋がるとは思えないけど、いつ何時市中感染へと広がって行くのかわからないので要注意である。特に規制解除後の人出の多さを見ると危険を感じるのである。

規制解除により、楽しみにしていたプロ野球も6月19日よりペナントレースが再開した。今年は変則的な運営で、セ・パ共に120試合である。観客は入れずに、選手を含めた関係者は全員PCR検査を受け陰性でなければならない。

セリーグはCS(クライマックスシリーズ)なしでペナントレースの覇者が日本シリーズに出場する。パリーグは、ペナントレースの1位と2位のチームがCSを戦い勝った方が日本シリーズに出場する。

私のひいきチームである広島カープは、6月19日~21日にかけてDeNAと3試合を行う。今年、最も強敵であると思っている巨人は阪神と3試合を行う。

19日の第1戦は両チームのエース対決となり、カープのエース大瀬良がDeNAのエース今永に投げ勝った。20日の第2戦は打ち合いになり、カープの鈴木誠也が満塁を含む2本のホームランで活躍しカープの2連勝となった。

ライバル巨人も阪神に2連勝して、幸先の良いスタートを切った。長いペナントレースはスタートしたばかりであり、最初の2戦で連勝したからと言って、ぬか喜びする程ペナントレースは甘くない。

これから幾度かの修羅場が訪れる、これを勝ち抜いてこそ優勝への道が開ける。

カープで最も期待する選手は、不動の4番バッターとなった鈴木誠也である。鈴木誠也はオールジャパンの4番でもあり、今年こそ三冠王を期待してみたい。

野球以外の楽しみは、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」であった。しかし、これも新型コロナウイルスの影響でロケが続かず、6月7日の「桶狭間の戦い」を最後に中断してしまった。規制解除により、ロケが再開されたとのことであり、しばらくすると放送も再開されるだろう。待ち遠しいのである。

映画で言えば、「レ・ミゼラブル」が新型コロナウイルスの期間中、NHKで放送されていたのでビデオで録画して全部見ることが出来た。放送時間1時間で8回連続の番組であり見ごたえがあった。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »