フォト
無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月の記事

2020年11月14日 (土)

喜寿を迎えての雑感・・・遠い道のりだった

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

11月14日、無事満77歳(喜寿)の誕生日を迎える事が出来ました。ここまでの道のりを2020年に焦点を合わせて少し振り返って見ます。

今から6年半前の2014年5月心筋梗塞で入院しました。入院中に詠んだ短歌が10首あります。そのうちの一つが 「人生の 次の一里塚 喜寿と 東京五輪 道のり遠し」 と言うものです。

入院当時、喜寿と東京五輪は6年半も先の話であり遠くに感じていました。しかし、途中いくつかのハザードを乗り越えてなんとか長い道のり、入り口まで到着することが出来ました。

所が、2020年の入り口まで到着すると、予期せぬ事態が発生している事に気付かされました。言わずと知れた新型コロナウイルスです。

中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスはあっと言う間に全世界に拡大し、全てのイベントが中止or延期となりました。期待していた東京五輪もちょうど1年延期され2021年7月23日開会式をする事に決定されました。

未だ新型コロナウイルスに対するワクチン並びに治療薬もなく開発中であり、これを良いことに新型コロナウイルスは留まることもなく、全世界へと拡散拡大を続けています。

1年延期が決定された東京五輪も1年後に開催されるのかどうか疑問符がついています。何と言いたら良いのでしょうか、ほぼ半世紀に1回開催されるかどうかわからないビッグイベントがこんな形になるとは誰が予想したのでしょうか?

新型コロナウイルスは社会経済活動へも深刻な打撃を与え、経済の低迷、倒産会社の続出、失業者の増大、等々国家国民へも深刻な打撃を与えています。

加えて2020年の梅雨は長梅雨となり、各地の河川が氾濫を起こし甚大な被害が発生しました。8月に入り長梅雨もやっと終わりを告げました。

復旧作業は新型コロナウイルスの影響もあり、ボランティアも地域限定の採用のみであり、遅々として回復が進まない状態となっていました。被災地の方々にとっては、予想外のことでやりきれない思いではなかったのではと推測しています。

新型コロナウイルスの方は7月中旬から第2波が到来し、9月中旬頃まで続き、その後新規感染者の数は500~600人/日前後で足踏み状態となっていましたが、11月第2週辺りから感染者が増え始め、11月13日には第2波のピーク時1600人/日を超す1687人/日となっています。

明らかに第3波の到来です。第3波は今始まったばかりであり、これから先何処まで拡大して行くのか予測がつきません。今言えることは、高齢者は不要不急の外出を控え、本当に必要な要件のみを迅速に処理する事のみに専念する事が求められていると思います。

一方、喜寿の方は新型コロナウイルスに関係なく自分の健康だけの問題であり、無事到達することが出来ました。2020年と言う年は、「夢・希望・期待」 を与えてくれるはずの年でした。

所が、豈図らんや!自分が考えていた通りの年とはならず、小説の題名ではありませんが、「レ・ミゼラブル(ああ無情)」と言った心境です。

無事喜寿(77歳)に到達した次の人生の一里塚は傘寿(80歳)となります。しかし、あまり先の事は考えず1日1日を無事に過ごして行く事が大切であると思っています。

新型コロナウイルス 第3波

2020_11_14_sinki_kansensya

2020年11月 2日 (月)

大阪都構想 再び否決・・・残念無念の一言である

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

11月1日、「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が実施された。残念ながら否決され夢は叶わなかった。この件は、年初の年頭所感として一番の話題として取り上げ、期待していたものであり、非情に大きなショックを受けた。

大阪維新の会は、この10年間大阪市長、大阪府知事、のポジションを独占し、二重行政と言われる種々の課題を確実に克服し解決して来た。

水道事業、地下鉄の民営化、大阪梅北の開発、負の遺産であった夢洲への万博誘致とIRの設置計画、関空から梅田・新大阪まで直に繋がる浪花筋線設置計画、大阪市立大学と大阪府立大学の統合、等々である。

もし、大阪都構想が実現していたら、都構想を周辺都市へも広げて行き、大阪全体を一つの都とし、東京に次ぐ副都心にするする計画と聞いていた。そして、道州制への足がかりとなると見ていた。

新型コロナウイルスの流行が収まらず、働き方改革が問われている状況下に置いては、東京一極集中から逃げだそうとする動きが急速に広まっている。大阪が副都心となった場合チャンスが訪れると目算していたが雲散霧消となった。

一体何が原因で否決されたのだろうか?反対派の主張では、1.住民サービスが低下する(真偽の程は?)  2.大阪市がなくなる 3.住所表記が変わる 等々が上げられている。

これらの理由による反対は選挙戦が近づくに従ってどんどん増えて行った。いわゆる「現状維持バイアス」効果である。実態が良くわからないものへの移行は、保守的な人々にとって自然に現状維持を選ぶ傾向がある。

これらの「現状維持バイアス」を防ぐため、今回作成された大阪都構想の制度設計は非情に良く出来ていて、これならば何も心配すること無くすんなり賛成へと導かれると思っていた。

公示前の世論調査では、賛成が約10%位多かったので今回は楽勝で賛成が勝ちになると思っていたのであるが、公示後日にちが進むに従って反対が増えて行った。現状維持バイアスを防ぎ切れなかったのである。

賽は投げられた以上これに従わざるを得ない。2023年4月迄は、大阪市長、大阪府知事、共に維新の会が占めているため、二重行政は起こらないが、その後両者の立場が変わり相反する党派になった場合必ず二重行政が復活して来るだろうと推測する。

2025年の大阪万博、その後に計画されているIR事業、等々がすんなり進められる事を願うのみである。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »