フォト
無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月の記事

2020年12月13日 (日)

「勝負の3週間」・・・新型コロナウイルス抑制は出来るのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

11月中旬から新型コロナウイルスの第三波が襲来してきている。政府が集中的に新型コロナウイルス対策を行うと宣言した11月25日から「勝負の3週間」が迫って来ている。

ここまでの成果を見ると全く上がってない。それどころか感染者数が過去最多を更新するばかりである。「勝負の3週間」とは何で勝負するつもりであったのだろうか?

大阪市、札幌市、へのGo To トラベルの一時停止、飲食店に対する時間制限、等々の対策のみで「勝負の3週間」とは片腹痛い、対策内容があまりにも貧弱すぎてよく言えたものだと思う。

感染者の数は、先週末から一気に増加してきている。東京都では600人/日超、大阪では500人/日超、日本全国では3000人/日超、となって来ている。

東京都の数値を見ると、AIの予測値に対して2倍の値を示している。分科会の尾身滋会長は、「医療機関はもう、通常の医療とコロナ感染の医療を両立することは困難になっている」と述べ、医療崩壊への危機感をあらわにしている。

分科会は再三にわたって感染対策の強化(Go Toトラベルの一時中止)を政府に提言して来ている。政府側の担当者は分科会の意見を尊重しようとしているけれども、菅首相がその気にならないものだから皆手を焼いている。

経済回復に軸足を置く菅首相は、肝いり政策を譲る気は無く、引き続きトラベル事業を推進する姿勢を鮮明にしている。有識者の警鐘を無視して感染状況が悪化すれば、政権に対する世論の批判は高まるのは必至である。

12月12日の毎日新聞の世論調査では、菅内閣の支持率は40%で、11月7日に行った前回調査の57%から17ポイント下落している。不支持率は49%(前回36%)で、菅内閣発足後、不支持率が支持率を上回ったのは初めてである。

政府が緊急事態宣言を再び発令すべきだと思うかとの問いには、「発令すべきだ」は57%で、「発令する必要はない」は28%、「わからない」は15%だった。

現在感染者は全国的な広がりを見せ、特に東京都の重傷者向け病床使用率は55.0%、大阪府の重傷者向け病床使用率は57.9%、でステージ4基準をオーバしている。

いずれにしても当面の対策としては、主要都市への「Go To トラベル」、「Go Toイート」、を一時停止、そして全国的な不要不急の外出自粛、等々を実施すべきである。来年の1月初旬頃まで続けるべきである。

当面の対策でも効果が出ないようであれば、緊急事態宣言を再び発令するのもやむを得ない。

 

新型コロナウイルス 勝負の3週間

20_12_12_kansensya

2020年12月 3日 (木)

28年前の同窓会ビデオを入手・・・動画で見るのは初めて感動した

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

11月中旬、埼玉県に住む同級生の友人から28年前に撮影されたビデオを入手した。まさか28年前の同窓会でビデオが撮影されていたことなど全く知らなかったので驚きであった。

ビデオの詳細は、1992年8月14日に行われた 「横田高校第42期卒業生、卒業30周年記念同窓会」 を撮影したビデオであった。私が、48歳の時のビデオである。当時はDVDなどなくVHSテープで撮影されていた。

友人によるとビデオの原本となるVHSテープが見つかり、業者に依頼しクリーニングしてDVDに変換してもらったとの事でした。

28年前の1992年8月と言えば、歌島工場で仕事をしていた時代である。海外向けのコードレス電話の開発・設計を担当していた。人生で一番充実していて忙しく、帰宅は毎晩11時~12時頃であった。海外出張も多く、米国、欧州、アジア、豪州、等々へ出かけていた。

過去、当時の同窓会の集合写真、スナップ写真、等々は何枚かもらって見ていたが、何も感動する程のこともなかった。

今回の動画を見たら何故かしら感動させられた。何故感動させられたのかと言えば、同窓会当時元気であったが、その後3年~10年以内に親しくしていた友人が数名若くして亡くなっていた。

所が、この動画では元気であった頃の姿を見る事が出来、昔の姿を想い出して目頭が熱くなったのである。

動画が撮影された28年前(48歳時)の姿と28年後の現在(77歳時)の姿を比較して見ると、私自身を含めて姿形が大きく変わっている。

当時を想い出すと同級生と言えば、私と同じく人生の真っ只中で活躍していた仲間であり、皆若くはつらつとして見えていた。28年経過する間に同級生の姿形のみでなく、世の中が大きく変化していた事に改めて気付かされたのである。

当時はパソコンも未だあまり普及してなく本格的に普及し始めたのはWindows95が発売された1995年頃からである。

私がインターネットを使用し始めたのも、シンガポールへ赴任した1997年頃からである。IBMの小型ノートパソコンThinkPadを購入して持参したのを良く覚えている。

その後の技術の進歩は目覚ましく、5~7年毎にコードレス電話、携帯電話、スマートホン、そして通信速度も3G、4G、5G、へと変化して行っている。今後も日進月歩で技術革新が進んで行くだろうと思っている。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »