フォト
無料ブログはココログ

« 米紙から五輪中止提言相次ぐ・・・緊急事態宣言延長で現実味を帯びてきた | トップページ | 大相撲名古屋場所明暗を分けた二人・・・明とは大関・照ノ富士/暗とは横綱・白鵬 »

2021年6月30日 (水)

コロナ・ワクチン接種・大騒動中に・・・今年も半年が経過 今後の見通しは?

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへにほんブログ村

2021年6月30日、新型コロナウイルス・ワクチン接種で日本国中が大騒ぎしている中に今年も早半年が過ぎようとしています。東京五輪・パラリンピックも開幕まで1ヶ月を切る所まで迫って来ています。

ワクチン接種予約の連絡を受けてから、電話予約・ネット予約を試みましたがすんなり行かず手間取りました。しかし、何とか1回目6月2日、2回目6月23日に予約が出来、無事接種することが出来ました。

新型コロナウイルスの第4波では大阪は甚大な被害を受けました。一時は、連日感染者が1000人(約1ヶ月続く)を超し、医療崩壊状態となりました。連日の1000人超えにより病院・ホテルに隔離収容出来ず、自宅待機者が15,000人を上回る状況が続き、自宅待機中に病状が悪化し、入院を要請しても受け入れ先が見つからず、自宅待機中に死亡する人々が急増するに至りました。

大阪の死者数は、6月30日時点で2,668人となり、東京の2,231人を大きく上回っています。感染者数は、大阪103,235人に対して東京173,220人で感染者数全体としては東京を下回っていますが、第4波が起きる迄は東京の死者数の方が多かったのですが、第4波で一気に死者数が逆転し、大阪の方が多くなってしまいました。いかに第4波による医療崩壊がひどかったかを物語っている数字であると認識しています。

第4波を受けて、大阪の吉村知事は第5波が起きるのを物凄く警戒し、かなりの注意を払っています。この様子が毎日の記者会見で語られているのが痛い程よく分かります。

大阪府は7月末までに感染出口戦略を考えるとしています。第4波が下火になって来ていますが、京阪神では大阪のみが新規感染者数が100人前後で足踏み状態となっています。このままの状態が続くようであれば第5波への感染拡大が懸念される状況です。

東京は、既に第5波へのリバウンドが始まっていると推測されます。このまま拡大が続くようであれば、五輪開幕前ごろには、緊急事態宣言を発令しなければならないと予測されます。

一方、ワクチン接種も一日数万回というスピードで進められて来ていましたが、ここに来てワクチンの供給が出来なくなり一時ストップとなっています。7月中には、何とか65歳以上の高齢者は接種完了する見込みですが、全体としては接種率20%前後位で足踏み状態になると推測されます。

ワクチン接種が進んだとしても、年内に接種率が50%位迄になれば良いと推測しています。従い、年内の大規模イベント(酒を伴う)は開催不可能であると思っています。

ワクチン接種率が高いイスラエル、イギリス、米国、オーストラリア、等々でも変異ウイルス(デルタ株)による再拡大が始まっているので再び対策が打たれています。

東京五輪・パラリンピックも開催方向で進んでいますが、果たしてすんなり行くのか依然として疑問符?が付く状況であると心配しています。

21_06_30_

« 米紙から五輪中止提言相次ぐ・・・緊急事態宣言延長で現実味を帯びてきた | トップページ | 大相撲名古屋場所明暗を分けた二人・・・明とは大関・照ノ富士/暗とは横綱・白鵬 »

気になるニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米紙から五輪中止提言相次ぐ・・・緊急事態宣言延長で現実味を帯びてきた | トップページ | 大相撲名古屋場所明暗を分けた二人・・・明とは大関・照ノ富士/暗とは横綱・白鵬 »